カテゴリー別アーカイブ: NCCAコンディショニングセンター福岡南

チャレンジャーを求むNCCAである!・・・

あらゆる競技スポーツで(陸上や競泳を除いて)アジリティ能力は高い方が良い。それは当然だ。

アジリティとは、体重移動を伴う運動の急激な方向変換を円滑にコントロールできる能力のことだ。しかし、ここで勘違いしてはいけないのは、乗馬やモータースポーツのように自分自身が動かなくても、実は・・・
◇姿勢を変化させ
◆重心をコントロールし
◇絶妙のボディーワークを発揮する上で
アジリティトレーニングに取り組むのは有効であるということだ。

その代表的な方法には反復横跳びがあるが、それを少しアレンジした「ピックアップ」という種目の測定風景を以下に並べてみよう。

我々トレーニング指導者(PTC)の仕事は・・・
◇彼の年齢
◆競技経験
◇ポジション歴
◆ポジション特性
◇ケガ歴
◆練習実践状況
◇本日のパフォーマンス
+その他いくつかの要素を考慮して、アジリティ能力改善の運動プログラムを作成できれば半分は終了だ。

後は上手にインストラクションとコーチングを行い、結果が改善されればヨシ、となる。優れたコーチに求められるあれこれのノウハウを知りたい方、子どもさんの運動能力を劇的に改善したい方は是非NCCAへお越しいただきたい。






この4枚の連続写真を見るだけで彼の弱点や動きの特徴は明らかである。
内野手として大成するためには「ココ」を改善した方が良いという点が最低でも3つある。
そういうことが理解できる指導者と選手を育てるのが我々の役目である。

NCCAのJr.アスリート育成コースが好評な訳は・・・

現状分析・把握→対策=プログラム作成&指導→能力向上
の流れがはっきりしているからである。
指導者が少しずつ成長してきているのも頼もしい。
中学や高校の運動部に指導に行く者も増えてきている。
少しずつだが、進歩は確実だ。

NCCAでは現場で生じるあらゆる事態に即応できるように、
会員サポートを充実させている。
月一回の無料勉強会は当然だが、
コンディショニングセンター福岡南まで来てもらえればその場でアドバイスや実技指導が受けられる。
やる気+行動力があれば1年もすれば立派に食べて行けるだろう。

そのためにも知識を、経験を、実績を増やさなければならない。
その差は時間が経つにつれて明確になってくる。
以下は、NCCA公式体力測定会において測定に先立って私が行ったウォームアップの一例だが、
何のためにこうしたことを行うのか?
どうしてこの種目が選ばれたのか?
そういうことが分かるようにならなくてはいけない。
だから今は場数を踏むことが大事なのだ。

■脚を前後に大きく開いて・・・

■肩を掴んだまま肘で大きな円を描いて・・・

■開脚して体を大きく捻り・・・


さあ、考えてみよう。

NCCA二周年記念イベントの中では・・・

小中学生のチャレンジャーたちが6種目の測定にチャレンジした。
例えば・・・
10Mダッシュ:クイックネスとパワー





これで分かることは何も10Mのタイムというだけではない。
この子に足りないあれこれの要素が沢山見えてくるのだ。

我々コーチの役割は・・・
2次元、3次元のデータを解析して4次元、5次元における解答や方向性を見付けて導いて行くことである。

そのためには自分の知り得る情報をクライアントへ分かり易くアウトプットし、十分にコミュニケーションが取れなければならない。

たまに自分だけ分かっている「先生」がいるが、もうこんな人には消えてもらわなければならないと個人的には思っている。

我々の世界はボランティアレベルで完結させてはいけない

と言うと、偉そうに聞こえるかも知れないが、それで飯を食っている以上は当然の主張だろう。そういう気概を持ってNCCAメンバーには頑張ってもらいたい訳だ。


NCCA 二周年記念イベント実施・・・

今日は全日本コンディショニングコーチ協会の二周年記念イベントの日だった。
早いものだ。

とは言え感傷に浸っている場合ではない。
することが山積みなのでどんどんこなす以外にないのだ。

しかし、こういうことは協会スタッフはむしろ祭り好きなので向いている。
CCFMセンター長 野上&みっちゃんを核に事務局スタッフがしっかりと後方支援、
基金訓練の卒業生らが脇を固める万全の布陣で臨んだ。

朝礼での真剣な面持ちから緊張感が伝わってくる。



会場設営後、間もなくするとイベント参加者が続々とやって来た。
実はイベントは恒例の「体力測定会」なのだ。

やる気に満ちた小中学生で受付が一時ごった返しになった。




受付が終了すると識別用のシールが左胸に着けられた。



さあ、彼らはどんな測定にチャレンジしたのだろうか?・・・

今日も昨日に引き続き筋トレ道場を実施したのだった・・・

 現在、NCCAコンディショニングセンター福岡南では、連日ジュニアアスリートクラスの体験会を実施している。
※詳細は
 0924056871 までお問い合わせいただきたい(担当:野上)。

これは1時間で終了するのだが、それから参加者の保護者各位からのご質問に回答させていただき、いよいよ「道場」が始まるのだ(笑)。

今日は
■三角筋(肩)

■上腕二頭筋(二の腕)
■腹直筋(腹部)
を30分でオールアウトさせた。

この短時間でも十分な強度を加えることは可能である。
パートナーのST君曰く…
「本日も死にかけましたよ」
とのこと。

こういう声が明日の活力となる私だ(爆)。

NCCA名物「一万円筋トレ道場」では…

こんな感じで懇切丁寧にしごきまくるのである(笑)。

だが、間違えて欲しくないのは、バカバカしいただきついだけの効率の悪いいじめではないということだ。

◇短時間:1セットは40秒以内 全体でインターバルも含めて1時間以内
◇正しいフォーム:姿勢バランス、手首の角度、スタート&フィニッシュのコントロール…etc.を分かりやすく指導
◇楽しさ:1セットで分かる面白さ トレーニング中もなぜか和気藹々で笑い
笑顔が出る(きついのに 爆)
◇効果的:ど素人でも1ヶ月で別人の体力とコンディショニングノウハウを獲得

あなたもプロにだってなれるこの筋トレ道場に入会してみないか?
オリンピックに帯同する選手にだってなれる可能性が十分あるよ!