カテゴリー別アーカイブ: 資格・研修

今日はフォロー日・・・

お陰様でNCCA認定のボディメンテナンストレーナーやリンパケアトレーナーの資格を受講してくれる方々が増えている。手に職をつけて、新しい自分主体の社会的・経済的自立を目指す!という気持ちの現れだと思う。それに再スタートを切るにはそれなりの準備期間や投資が必要になるのが世の常だが、その点ではNCCAの講座カリキュラムはBASICで10時間、受講料も84,000円とリーズナブルだ。

そうかと言って誰にでも安易に認定を出す訳にはいかない。受講者の行く末と協会の発展のためには、互いに一定基準以上のものを堅持しておかねば後で困ることになる。惜しいけれど、だからこそもう少しテコ入れをしておきたい。そう思った人には別途フォロー日を作って指導させていただいている。

この他、事業開始直前研修もやる。皆さんの成功あってこそのNCCAなのだ。

NCCA第4期修了式を終えて・・・

6か月間の求職者支援訓練が昨日を以て終了した。
実に600時間を超える一大事業だ。

アシスタントトレーナー養成講座という枠組みで開講したのだったが、
受講生の積極的努力によって、
協会認定のコーチやトレーナーが多数誕生したのは非常に大きな副産物だ。

背景には、質の高い非常勤講師と何をおいても担任・副担任の心理的側面からのフォロー、そして運営事務局の献身的バックアップなくしてこうした成果は得られなかった。本当に有難い存在だ。

そういった意味では僕は大したことはしていない。

ただ、「その場で効果が出る」「誰にでもできる」ノウハウのBASICというかESSENTIALなことはしっかりと指導させていただいた、と自負している。

僕の担当する内容は、
◆実践的

(足裏のセルフケア…秘密テク)

◆即効的

(日常生活から「どっこいしょ」をなくす講座…秘密テク)

な面で絶対的に自信があるし、

◆理論的

(筋トレの真実…大人気♪)

に説明することも比較的容易であるので、

学んだ人は応用しやすいものだと思う。

事実、毎月2~3本は外部の組織から講師として招聘され、
都度「目からウロコ」を体験してもらっている。


(この後にある奇跡が起きて歓声が上がることに…)


ボディメイクインストラクター養成講座始まる・・・

第一期生は8人でスタートした。
この位が丁度良いね。
目が行き届くし、受講生も交流し易いし。
NCCAの資格は欲しい人の自己満足で終わってもらっては困る。

その資格を持ってビジネスとして成功して欲しいし、
後に続く人の見本になって欲しい。

そういった点ではこのボディメイクインストラクター(BMI)は、健康を基盤としつつも、「美しい体のライン」を作るお手伝いが出来る指導者として位置付けているために、自分自身には厳しくあって欲しい訳だ。

誘惑は沢山あるだろうが、職業意識を高く持つことがストレスになるようでは頼りない。認定基準は受講期間内に自分の体を作り変えること。僅か1ヶ月のトライアル期間しかない。運動を少々行う程度では難しい。食事やお酒、スイーツ、生活リズム、ものの考え方…ありとあらゆることを改善しないと成功は覚束ないだろう。

受講生各位がその意味をどこまで深く理解出来ているか?答えはすぐに出る。

これで最低レベルだ・・・

職業的にスポーツやフィットネスの現場に指導者として関わって行こうとするならば、最低限度身に付けておかなければならない技術と知識がある。
もしそれがなければ、独立したところで「開店休業」の憂き目を避けられないだろう。

・料理人
・内装業者
・美容師
他業者でもそれは同じだ。

そう言った意味では少しこの世界は甘いように思えてならない。
普通、専門職に就こうとしたら、一定期間以上の見習いを経てしかるべき段階でGO!となるものだが、それがあってないような世界だ。

城を構える訳でもなく、

フットワーク軽くフリーで・・・
と爽やかで明るさはあるが、
重みはない。
稼ぎも大したことはない。
日暮らしがやっと、という人も少なくない。

これでは良い人材が育つはずもない。

これを変えたいねどうにかして。
そのためにはやはり武器が必要だ。
ターゲットを絞り込んで、
その層のニーズやウォンツにインパクトを与える回答ができるような。
・Jr.
・ティーン
・社会人
・男性
・女性
・トップアスリート
・ノーマルアスリート
・疾病予備軍
・高齢者
・ビジネスマン
・エグゼクティブ
・芸能人・タレント
・モデル
・同業者
・周辺業者
・ダイエット・シェイプアプ
・・・etc.
絞り込みはきつい程良い。
ぶれないからね。


誰にでも対応するのは実は相当ハイレベルだ。
経験なくして誰にでもできることではない。
だから、自分のために絞り込むのよ。
すると、ユーザーも分かりやすい訳さ。
それが出来ているところは上手く行ってる。
見直してみる方が良いだろうね。

NCCAではそういう相談にも対応しているよ。

PTCフィジカルトレーニングコーチBASIC養成講座の一幕から・・・

NCCAが認定するフィジカルトレーニングコーチBASICの養成講座は全10回の講義を受講することが必要である。

社会人受講生ばかりなので、夜と土曜日の開講にしているが、働きながら資格を取りに来られているだけあって集中力も真剣さも半端じゃない。

昨日は「器具を使った筋力トレーニング」のセッションだった。

ベンチプレスとスクワットについて説明した後、二人ずつ二組に分かれて実習に入った。

最近の私の考え方は、競技種目によっては器具は不要というか無くても構わないというものに変化してきているが、あるとそれはそれで便利である。

今回の受講者はJr.スポーツの指導者と保護者ばかりなので、そのことを踏まえて指導させていただいた次第だ。

実習中に気付いた危険性の高い動作については都度そのタイミングで介入し、それ以外の重要事項については最後にホワイトボードを使ってまとめて説明するという手法を取った。

◆頚反射
◆運動可動域


◆運動エネルギーと位置エネルギー
についての解説は受講生にとっては掘り出し物だったのではないかと思う。

正確に理解して、指導に生かせてもらえたら嬉しい。

講義を終了したのは21:45だった。
少し遅かったけれど、20分位はできるだろう、と判断し
太一と太一が潰れるまでを目安にトレーニングした。昨日のターゲット部位は「胸」。
良い感じで僕も追い込めたので最後のフリーズの練習では時間が長くできなかった(笑)。

でもすごく充実していたよ♪

NCCA認定PTC-BASIC資格取得検定対策の・・・

森部塾長獅子奮迅!-110313-152320.jpg

直前講習会です。
写真は実技の最中ですが、「あの」猫のポーズを二人組でチェック中です。でもこの種目は、ポーズそのものよりもそのポーズをとるまでのムーブメントの方が大事なのです。このムーブメントをマスター出来れば走るのも速くなり、球速も速くなり、キック力も増します。
詳細は資格取得講習会に参加していただかなくてはなりませんが、受講料に見合う以上の情報を「理論」+「実技」でモノにできる可能性があります。
本試験は4月2日(土)。
全員合格できると良いなあ・・・

体を引き締めるためのトレーニングを体験・・・

基金訓練第二期の本日のテーマは表題の通りでした。
ポイントにしたのは
・肩甲骨
森部塾長獅子奮迅!
・脊柱
森部塾長獅子奮迅!
・骨盤
$森部塾長獅子奮迅!
・(股関節)
をより良く動かす、ということでした。
それができていないのに運動をしても効果的でないし、場合によってはケガをすることにもなりかねません。
多くの人が「体を引き締めたい」という場合に押さえておかなければならないのは・・・
・消費エネルギー<摂取エネルギーの場合体脂肪が蓄積する
・体の動きが悪いところに体脂肪が蓄積する
・体温が低いと体脂肪が蓄積する
ということです。
そこで、対策としてはその逆をすれば良いということになります。
すなわち・・・
・消費エネルギー>摂取エネルギーになるように食事をする
・体の各部の動きを良くする(=動きの悪い箇所を良く動くようにする)
・体温を高める工夫をする
のです。
それを講座の中に落とし込んできっちりと指導させていただきました。
最後のコマでは40秒間×11種目=440秒間=7分20秒間のサーキットトレーニングを実施。
寒い一日だったのにも関わらず暖房は不要、どころか窓まで開けて冷気を入れる始末。
正しい筋トレとはこういうものなのです。
左肩の動きが悪いKさんも「ここまで動くようになったのは初めて!」とご自分の体の動きの変化に感動してありました。継続すればもっと変わりますよ♪