カテゴリー別アーカイブ: 健康情報

それでも・・・

木村拓哉、独自の健康法を明かす「風邪を引かなくなった」
SMAPの木村拓哉が、独自の健康法を明かした。【SMAP木村拓哉のニュースをもっと見る(関連記……….≪続きを読む≫


本当に健康のことや周りに迷惑をかけないことを心掛けるのならタバコを止めた方が良いと思うんだけどな。


今は喫ってないのだろうかね?何年か前に禁煙したって聞いたけど。




にほんブログ村

身をもって知るしかないのだろうな・・・

ショック!24歳で閉経?「100人に1人が30代で閉経をむかえる」喫煙女子は要注意
キャリアも軌道にのり、ステキな夫も見つけて「子供もそろそろ欲しいかな」と考えていた矢先に、医者から「……….≪続きを読む≫


タバコが原因だとしたら自業自得だろう。これだけタバコは体に悪いって情報は溢れているのに「自分は大丈夫だ」っていう根拠なき自信に身を任せていたのだろうからね。


アンチエイジングや美容、ダイエットに興味を持っている一方で喫煙を含め、食事や生活習慣(運動習慣を含む)がいい加減な女性は多い!


体に良いことやモノを考えるよりも「体に悪いことを止める」方が遥かに有効性が高いのにね。


理想と現実のギャップを生んでいる原因は自分自身にあることを実感すべきだろう。



にほんブログ村

猫背はストレッチでは解決できない・・・

赤ちゃんの世話や授乳で猫背に!? 産後「太った?」と言われる人は要注意
【ママからのご相談】先日主人から、「子供産んでから背中に肉がついた!? なんか老けたし……」と言……….≪続きを読む≫


記事に書いてあることは概ね当たっているが、「猫背」の改善策として挙げられているストレッチでは効果はほとんど期待できない。


重みや日常生活上の習慣的な癖による骨格の歪みを解決できる方法は「筋トレ」以外にはない。お奨めはデッドリフト、シュラッグ、オーバーヘッドプレス、プルダウン、シーテッドローイング等の種目だ。これにMSPPを組み合わせていただけるとパーフェクトである。


具体的な方法は全日本コンディショニングコーチ協会へお問い合わせを♪


にほんブログ村

筋トレを真剣にやれば罹りっこない病気・・・

米国で「肥満」は「病気」と正式認定―米国医師会発表
7月18日、肥満体国アメリカで「肥満」が正式に「病気」と認定されました。この正式認定は米国医師会(A……….≪続きを読む≫


肥満が病気として認定されたというニュース。


そんなのは筋トレで解消するのが一番だ。


アゲアゲ↑矢印矢印も156とか153kgとかだったのが、-30kg達成して全然体型が変わった。


「筋トレ」+「糖質制限食」のお陰です!と言っていた。実体験が示す圧倒的な成果に自信を持ってそう語ってくれたのだ。


しかし、「病気」と認定されたら僕らは直接手を下せない。先ずは病院へ。そうなる前に手を打とうよ。



にほんブログ村

卵?鶏肉?ほほ~♪

髪の毛に良い食品トップ10―1位は意外にも「卵」!
食事は健康だけでなく、髪の毛にも影響を与えます。専門家によれば、つやのある髪の毛と健康な頭皮を維持す……….≪続きを読む≫


イマイチ信じられないな。ネタ元を調べてみたいところだ。何故なら・・・


こうした食品を好んで食べているのに「さよなら」している沢山の人を知っているから。もし、食品や栄養素と髪の毛の間に良好な関係があるとしたら、それ以上に悪影響を及ぼす要素があるに違いない。


それは?・・・


髪の毛は「長い友達」だとは言い得て妙なキャッチコピーだったが、周囲に抜け毛や猫っ毛で悩む人が増えてきた今の年になると僕だって人並み以上に対策は取っているよ。


アレ以上に良いものにはまだ出会えていないよ。


これね。




にほんブログ村

安全運転のために・・・

安全運転に役立つ飲み物とは?
暑い日が続きますね。ドライブに飲み物はつきものですが、長距離ドライブするときに安全運転に貢献する飲み……….≪続きを読む≫


それは本当かな?



ポカリスエットが一番良いとのことだが?


気になるのは被験者が一般健常者ってことだ。


自分の体調や特性も考慮する必要があるだろう。

希望者のみの有料オプションメニュー・・・

競技選手がパフォーマンスを高めるためには様々なアプローチが必要である。
高齢者や低体力者が健康度を改善するためには様々なアプローチが必要である。

しかし・・・
「そんなことは分かっている!」
という方でもそのアプローチをどこからどのように進めていけば良いのか?ということに関しては具体的に把握できていないのではないだろうか。

僕の所ではそれを
一つは「足裏の形状と足圧分布状態」から、それに10年以上前に手掛けていた「咬合状態と咬合バランス」、そしてこの度ロシアの宇宙飛行士に行われている「ボディチェック&セラピーシステム」等を加えて本当に総合的に取り組むことにした。

こんな装置を使って・・・


実に600もの項目について臓器から骨格、神経、血管等のシステムの状態をチェックしていく。そして必要があればセラピーまで行い、解消できるものはその場で解消する。

ちなみにこれは僕の左サイドからとらえた頚部の状態。青いラインが理想値で、僕の状態は赤で示されている。ほぼ完ぺきに近い(笑)。

これは腰椎。なかなか良いようだ。


ところが他のパーツの複数箇所に若干問題点が見られた。原因は寝不足、疲労、脱水等にあるとのこと。実は筋トレ道場直後の測定だった(笑)。

この他脳波や血液、重心動揺等もチェックできる。

己を知り、敵を知れば百戦危うからず、だ。
自分を知りたい方は「他ではできないトータルコンディショニング」をご用命いただきたい。

膝が痛いんですよ・・・

そう言ってその女性は膝の周囲を指差した。


40代主婦。
自宅は和式で床上に座っての生活が主だとのこと。
自然、横座り姿勢も長時間に及ぶがやはり痛いそうだ。

・床からの立ち上がり
・膝を深く屈曲させた状態
で痛みを覚えるというのに「和式」の生活と言うのは根本から考え直すべきである。

しかし、それはそれとして面前に突き出されたテーマに答えを出さなければならない。
そこで僕はいくつかのエクササイズを指導した。
・ウォールプッシュ
・ニーアップ
・フロントキック&レイズ
である。
この3つをそれぞれ30秒×2セット行ってもらった。
で、何が起きたかと言うと・・・
「あれ?痛くない」
という現実。
あまりの不思議さに彼女は何度もスクワットをしてしまったほどだ。

隣で見ていたご主人は
「ホントかよ」
と疑い、
別の会員は
「すご~い」
と声を上げた。
何事が起きたかと周りに複数の会員が集まり我々を取り囲んだ。
「何があったとね?」
「さっきまで立ち上がる時に膝が痛いて言いよったら痛くないて言い始めて・・・」
「ほ~、そげんかことがあるとね?不思議かね~。すごい」
となったのだよ。

僕にとっては普通のことだ。
そしてそれは誰がやっても同じ様になるんだ。
知っていた方が良くないか?

知は力なり。
力が欲しいならくれてやる。
毎日が楽しくなるぞ~♪