カテゴリー別アーカイブ: スポーツ面白ネタ

Dance Party・・・

森部流肉体改造・動き上達塾-100322-183459.jpg

今日も一日盛り沢山でした。
まずは、9時から5時まで西長住小学校体育館にてJr.女子バレーボールプレイヤーおよび監督・コーチのためのコーチングクリニック。
疲れました。
心地良い疲れですが(^^)。
小学生は元気だなあ。
エネルギーが底無しであるかのような・・・。

解糖系が未発達というのはある意味もの凄いことですよね。
半年に一回のペースで今回が3度目ということもあって、かなりレベルの高いメニューも入れたのですが、しっかりできていました。このまま本質を違えなければ伸びが相当期待出来ますね。早速、次回が楽しみです。
そして、クリニック終了後に向かった先は・・・

「西鉄ソラリアホテル」。

車内でスーツに着替えて、
弊社が広告協賛させていただいたCHACOTT主催のソシアルダンスパーティー会場へ。

皆さん日頃の成果を存分に発揮して楽しんでおられました。

こういう自己表現の場があるのは良いことですね。

限られたスペースを存分に生かして踊ってありました。。。

私もワルツを一曲踊ったのですが、

勝手が違って大変でしたね苦笑い

もうすぐ始まります・・・

森部流肉体改造・動き上達塾

写真はbjリーグの公式戦用コート(ライジング福岡ホームゲーム用)です。

私が勤務する九州共立大学内にある福原記念館に、昨日森部ゼミ学生有志(ライジング福岡イベントスタッフ特別チーム)が半日がかりで設営しました。

今回のライジング福岡戦については

・会場設営

・周辺環境整備

・ハーフタイムショー運営

・出店2ブース運営

を担当します。

中でも見ものは1・2年生による学年対抗出店売上競争!

1年生の「ちぢみ&ラスク」(どんな組み合わせだ?)

vs

2年生の「カレー&揚げカレー」

さてさてどうなることやら。

私自身はライジングの試合よりもこっちの場外(文字通り体育館の外なんです)戦の方が気になっています。

本来は・・・

森部塾長の気ままブログ-100212-105634.jpg

この記事は『MAPPY森部のほとんど毎日』(mappy.moribe-all.jp/)へアップするべき内容ですが、スポーツに関することなのでこちらで紹介することにしました。
このコマは、私の塾生が組織している『九州共立大学No.1 Project』のメンバーによる"第二回バレーボール大会"のオープニングシーン。
参加費は一人400円と格安ですが、一応有料ですし、100人以上集まっているのでちゃんと副賞なんかも出ているようです。
私は、・・・

スポーツビジネスの世界で
・稼げる能力
・使える人材
を育てるというコンセプトで『森部流人財育成情熱塾』を運営しているのですが、亀のようにのろくとも確実に前進しているところは認めています。
次は諸々の課題を解決した上で、学外の参加者をも募って拡大イベントの開催に繋げてもらいたいところです。今後、企業様や個人事業主の方々にも協賛やアドバイザーとしてご参加いただけますと幸いです

プロ野球キャンプも終盤に差し掛かり・・・

選手たちにも疲労が出始める頃です。

緊張感もあり、モチベーションも高く、自信にも溢れている時期でありながら、

思うように身体が動かない。。。

そんなジレンマに悩まされている選手も少なくないでしょう。

弊社も先日キャンプ先へスタッフを派遣し、

選手のメンテナンスを行ってきたばかり。

メールで選手とやり取りしているから比較的早めに対応できたと思います。

「そろそろ行こっか~?」

「ちょうどメールしようと思っていたところなんですよ」

とこんなやり取りがありましてね…

(まさに以心伝心というやつ笑

それにしても「遠い!」とスタッフ。

(お疲れさんでした~♪)

ところでサゲサゲ↓の球団にも教え子がいたのですが、

今はどうしているんだろう?

最近連絡がないし・・・

どなたか情報をお持ちでしたら教えてください。

森部塾長の気ままブログ

彼は、

・ピッチャーです。

・熊本県出身です。

九州共立大学経済学部森部ゼミ出身です。

・大学の野球部にもクラブチームにも所属せずに自主トレでプロ入りしました。

元気にしてるかなあ???

スポーツマウスガード=オクルーザルプロについて・・・

「スポーツアスリートは足足足。と歯歯にお金をかけるべきである」というのが私の持論ですが、

その背景には「スポーツパフォーマンスの改善」に先立ち、

1)健康の維持・増進

2)予防医学への取り組み

という考えがあります。

やはり、この二つを抜きにスポーツのことを云々言ってみたところで砂上の楼閣に過ぎません。

「応用は基本の上にこそ成立する」ものです。

そこで私は自らを人体実験のモデルとして「歯列矯正」と「咬合バランス改善」を30歳過ぎてから行いました。

結果は予想をはるかに超えて“上々”でした。

唯一の問題点は、他人へアドバイスし紹介する際に「お金と時間」の相当な投資が必要になるということでした。

それで「もっと簡単に良好な咬合バランスの改善はできないものか?」と考えてきて出会ったものが

“スポーツマウスガード=オクルーザルプロ”だったのです。

参照はこちら矢印 www.mouthguard.co.jp

この商品と出会ったことで、

1)安価で

2)短期間に

3)スポーツパフォーマンスを改善し

4)健康度を改善する

ことが可能になったと感じています。

その製作の手順と商品について後ほどご紹介させていただきます。

セカンドキャリア・・・

森部塾長の気ままブログ-091210_220603.jpg

「ずっと野球ばかりやってきました」そういう一芸に秀でたアスリートは決して少なくありません。野球がサッカーでもバレーボールでも、競技種目は異なっても「その競技で」勝つこと、上達することだけが興味関心の対象だった人は、選手を引退したらどうするんでしょうか?
運良く監督やコーチとしてその業界に関われたら良いのですが、当然の事ながらそうそう都合良くポストがあいているはずもありません。これは非常に深刻な問題のはずですが、教育の現場においてさえ「これ」といった対策はなされていないのが現状です。
各種競技毎に協会や連盟等が独自に「選手のセカンドキャリアを検討する会」なるものを組織し、対策が講じられる気運が高まってきたのは良いことですが、如何せんスピードが遅すぎる感じがします。
そこで、という程偉そうなことではありませんが、私のところでは・・・
・フィジカルトレーニング
・ボディメンテナンス
・サプリメント
・トレーニング関連ギア
・メンタルトレーニング
についてトータルコンディショニングの観点から希望者について講習会を開催しています。
写真はボディメンテナンスBASIC講座の一幕。
トレーニングや練習による疲労状態から速やかに回復できるようにサポートする手技を教えているところです。被施術者の手が上がっているのは手技に力を入れすぎた悪い例です。こういう反応を見ながら押圧のポイントや力加減、角度、方向を学んでいくのです。努力が実って彼がスポーツ界にサポートする立場で関われるようになれば嬉しい限りですね。

オオカマキリです(^^)b・・・

森部塾長の気ままブログ-091112-122542.jpg

私の研究室のある第一学舎の1階壁面にて発見虫眼鏡しました。
幼少こども男の子の頃を思い出し、嬉しさのあまり花壇お花。に踏み入ってまでパチリと1枚。
かなりの大物でした。15cm近くあったかなあ。
・11月半ば近くでも元気でいること
・大きな個体サイズ
から地球地球温暖化の影響を感じました。
が、私がここでわざわざカマキリかまきりを紹介するのは、実は別の意図があって、こいつの動きから何か学べないかなと思ったからでした。
blogで紹介するからには、
「それなりのことを書かなきゃいけない」というプロ意識が何か気付かせてくれないかなと・・・。
その昔中国である武術家が蟷螂カマキリと雀すずめが闘っている様を観て蟷螂拳を編み出したそうですが、私なら何を見いだすことが出来るか・・・
ちょいと観察してみました。
気付いたことは以下の4点。
・自分よりでかい相手に対しても射程距離に入ってきたら攻撃態勢に入る。
・しかし、餌以外に対しては攻撃を仕掛けない。
・攻撃は直線正面方向しかできないが、防御は範囲は広くないものの立体的にできる。
・フェイントには簡単に引っ掛かる。
それにしても攻守における動作は機敏で瞬発力は尋常ではないですね。反射機能が発達していなければ太刀打ちできないなあとか、同じサイズだったら誰も勝てないだろうなあと、範馬刃牙じゃあありませんが空想に耽りました。
尤も蟷螂が人間と同じサイズもあれば体重も大きくなるので「絶対に」同じ速度では動けないんですがね。その辺は柳田理科男さんの『空想科学入門』に譲るとしておきます。

驚きました(*_*)・・・

最も過酷なスポーツ競技の一つとして知られる鉄人レース=トライアスロン水泳自転車走るが考案されたのは1977年の10月30日のことでした。
その誕生秘話は何と・・・
ハワイ駐屯のアメリカ海兵隊将校達自衛隊の酒の席ビールでの思い付きだったのだそうです。
・ぶっ通しで4km弱を泳ぎ泳ぐ
・約180kmの距離を自転車を漕いでサイクリング
・最後の締めに42kmのフルマラソンを走る走る
というこの競技、正気の沙汰ではありません。
一見して企画倒れに終わりそうな本競技ですが、翌年には早速実施され、15人も参加したそうです。
※尤も、完走できたのは3人だけだったそうです。

---------------–
sent from W-ZERO3

これは驚きました(@_@)。

今月21日に「危機管理産業展2009」において新型マネキンお人形さんがお披露目されました。このマネキンは、医療現場での研修用に開発されたもので、何と・・・
・汗をかく
・涙を流す
・けいれんする
・声を出す
といった反応をするほか、
間違った処置をした際には
「呼吸が止まる」など、
症状が悪化するそうです。
研修がこれまでになく緊張しそうですね。
でも、スポーツ外傷・傷害の場合にも使えるのかなぁ・・・。
・ラグビーの脱臼

・アメフトの靱帯断裂
なんて何度付き合っても「やばい」ですからね。
「ぐわぁっ」
「あ、あぁーーーっ」
「ぎゃーっ」
とかね。
もちろん人に寄りますが、現場の応急処置に怯んでしまうような“うめき声”や“叫び声”は初心者には難点でした。それに応用できるのであればスポーツに携わる人たちの勉強も更に質が高まりますね。
---------------–
sent from W-ZERO3

「リンゴ事件」発生(?_?)・・・

東京六大学に止まらず、日本野球界屈指の伝統的カードである早慶戦野球において1933年の今日「リンゴ事件」りんごと呼ばれる事件が起きています。
これは、審判の判定に抗議した慶大水原茂選手に早大側スタンドからリンゴが投げられ、それを水原選手が投げ返したため、対立蹴りはさらにエスカレートしたと言うものです。
スポーツの試合では度々こうした事件が勃発しますが、折角の好カードも興醒めしますね(>_<)。
激しい戦いはグランドやコートの中だけにしてもらいたいものです。

我々が見たいものはスポーツのプレーであって、場外乱闘ではありません戦い