小さな巨人との再会…

一年の疲れが全て
年末に向けて吹き出した
僕の体は、
実は「あの」20日のパーティ
『森部昌広生誕50周年記念』
当日から悪化しつつありました。

それで大晦日の今日、
19年前からずっと
お世話になっている
湯町(筑紫野市)の有馬治療院に
かけ込んで、
久々に治療を受けたのでした。

そこで15年ぶりに
珍しい人物と再会しました。

DSC01335-300x225

彼の名は穂坂亘君。
熱い魂を詰め込んだ
小さな巨人ラガーマンです。

彼を紹介したあるブログ記事
(http://www.bamboo9.com/friends/post-104.html)
にはこのような文章がありました。

ファーストクラスの成人選手では
世界最小かもしれない。
プレーが最小でありえぬのは、
ガス(東京ガスのこと)のファンのみならず、
熱心な観戦者には常識である。

いつかケンブリッジ大学の監督だか指導者が、
法政大学との試合後、
「あちらの9番はフィールド最小であって、
最大のハートを有していた」と語ったはずだ

 

で、その穂坂君は僕を見るや深々と頭を下げ、
「ご無沙汰しています。森部さん。凄え。
15年前と全然変わらん。
あ、あの時は凄え超ロン毛だったけど。
森部信者が沢山いたので言っておきます」
と笑って握手を求めてくれました。

え?
そんなに髪が長かったっけ?

まあ、それにしても
覚えてくれていてありがとう♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>