小さな巨人との再会…

一年の疲れが全て
年末に向けて吹き出した
僕の体は、
実は「あの」20日のパーティ
『森部昌広生誕50周年記念』
当日から悪化しつつありました。

それで大晦日の今日、
19年前からずっと
お世話になっている
湯町(筑紫野市)の有馬治療院に
かけ込んで、
久々に治療を受けたのでした。

そこで15年ぶりに
珍しい人物と再会しました。

DSC01335-300x225

彼の名は穂坂亘君。
熱い魂を詰め込んだ
小さな巨人ラガーマンです。

彼を紹介したあるブログ記事
(http://www.bamboo9.com/friends/post-104.html)
にはこのような文章がありました。

ファーストクラスの成人選手では
世界最小かもしれない。
プレーが最小でありえぬのは、
ガス(東京ガスのこと)のファンのみならず、
熱心な観戦者には常識である。

いつかケンブリッジ大学の監督だか指導者が、
法政大学との試合後、
「あちらの9番はフィールド最小であって、
最大のハートを有していた」と語ったはずだ

 

で、その穂坂君は僕を見るや深々と頭を下げ、
「ご無沙汰しています。森部さん。凄え。
15年前と全然変わらん。
あ、あの時は凄え超ロン毛だったけど。
森部信者が沢山いたので言っておきます」
と笑って握手を求めてくれました。

え?
そんなに髪が長かったっけ?

まあ、それにしても
覚えてくれていてありがとう♪

 

 

嬉しいメールは…

子供や保護者からだけではありません。
年末に届いたメールに
このような素敵なものがありました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

森部 昌広 様

ご無沙汰しております。
ご活躍の様子、頼もしい限りです。
(これは私のラジオ番組レギュラー
2本というのを受けてのことだと
思います。)

私の近況もお知らせします。

森部さんに
2009、2010年と指導を受け、
肩の違和感は消失。
私も今年71歳66.0級でMIPとなりました。

筋力の衰えは気にせず、
「日々、新たに前進」を心情に
パワーリフティングを続けています。

今月7〜15日
オーストラリアメルボルンで開催された
「アジア・オセアニアクラシック
パワーリフティング2014」に
日本代表で参加しました。

私としては初の国際大会、
オセアニア・アジアでは2位、
アジアでは1位でした。

国際大会の審判に
耐えることができた
ことが自信にになり、
今度は世界大会
(今年の国内選考大会で優勝)
に環境が整えば
出場できれば良いな、
と考えています。

もう一つ、
現役アスリートで
スポーツファーマシストとして
パワーの選手に試合を目標に、
いかに筋力アップ・調整しても
「うっかりドーピング」が無いように
「薬剤師のための
ドーピングガイドブック」
の活用を進めています。

お近くに来られることがあれば
ご連絡ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「夢」は

10685479_764569140300926_4993740889250214950_n

年齢に関係ないですね。
だから持った方が良いですよ。