小学生から高校生まで…

このように年齢、性別が異なる群が混在する集団の指導は、
想像するよりも難しいものだ。
ましてや、臨時のオファーなので彼らの運動能力や
体力の差異については何も情報が無い。
そこで、まずは「現状把握」に努めるのである。
概ね30分を充当する。



写真では平地に見えるが、
実際には5%弱の勾配となっている。
この環境を生かしてトレーニングメニューをプランニングするのだ。
当然、地面の窪みや石ころ等の
危険因子が無いかの調査をやっておくべきなのは言うまでもない。



求められていたのはスピードトレーニングだが、
テニスの競技特性を理解した上で、
関連性を説明して選手の意識を高めることも重要である。



トレーニング指導終了後には、
予測される本日のダメージとその対処法についても
説明を行う。
直後に実際に選手にもやらせてみるのだが、
普段のスキル練習の際には受けない指導なので、
新鮮な気持ちで取り組んでもらえる。



この中から将来の日本ランカーが育っていくはずだ。
今から楽しみである。


にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>