子ども達と競って…

子ども達は認められたがっている。
成長を。
それは自己の存在を承認されることである。
だったら…
できることからさせていけば良い。
少しずつ気づかないうちに
結構凄いことができるようになっている。



そんなプログラムを1000も2000も
(100や200ではなく)
考えることが指導者の役目だと思う。


できないことを怒鳴っている場合ではない。
指導者がしなくてはならないことは、
できない原因を突き止めて、
できる手法を考えて、
成果を引き出すことだ。



僕も誉めて~♪(笑)
全然できなかったんだよ~♪(爆)


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>