ウォームアップをなめてはいけない…

完璧な動きづくりのためにも
ケガをしない体づくりのためにも
ウォームアップを侮るなかれ。



そしてこの中には、
・筋トレの要素も
・バランス改善の要素も
・ストレッチの要素も
全て含まれている。

最近では…
部活動やクラブチームの練習と並行して、
ウチのジムで個別指導を受ける子が増えてきた。
良い傾向だと自負する。

全ては…
・将来の子どもたちの進路のため
・今を大事にする
ということだ。

子どもの夢を実現させてやろう。



可能性は誰にでもあるが、
現実は違う。
賢くやろう。
狙おう。
対策はある。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>