現実を知りましょう・・・

7月27日が近づいてきました。

K0011809


あなたのお子さんがそうならないとは限りません。
あなたのチームの選手がそうならないとは限りません。
発症してからでは泣くに泣けませんよ。
後遺症の問題もあるのです。
気持ちが折れないとも限りません。
一緒に考えてみませんか?

先ずは、この事例をご一読ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◎◎が泣きながら帰って来ました。
先輩達の試合前のバッティングピッチャーを任されて、
200球以上放ったそうです。
今も痛がっています。
今日病院に行ってきますが、
筋肉痛を超えている感じがします。

骨のひっかかりがあるようで、
腕を下ろしても痛いようです。


チーム内には疲労骨折や、
野球肘、
それと同じように肩を痛めてる子も
続出しています


他の子達にも同じような事がおきる可能性もあるので、
曖昧な態度は取らずしっかり訴えていきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

そして病院へ診察を受けに行った後で…

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

検査結果出ました。
悪性ではなかったです。

◎◎ですが、典型的なリトルリーグショルダーでした。
骨折に近い状態だそうです。
(十分悪いです)

診断は右上腕骨近位骨端線損傷でした(>人<;)
2週間たっても痛みが引かなければ
骨折に診断をかえるそうです。
痛みで動けないのを手術しないで
筋トレで挑戦してみようかなと。


(だから、十分悪いんです)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

と追伸がありました。
珍しく怒りが込み上げてきましたよ。
世の中(と言っても狭い業界内)の無知に対して。


ちなみに、これは少年スポーツの現場で
普通に起こっている
ことなのです。

それが許せない。
そんな指導者は不要だと断言します。

偉そうに少年スポーツの現場で指導している
勘違い連中には、とっとと辞任していただきたい。

そんな指導者をありがたがっている
保護者達よ気付いてください。

後遺症を舐めてはいけません!

 

 

痛い痛い…

「何とかしてください」
と駆け込んで来た女子大生の足。



昔、陸上部に入っていた時もあったそうだが、
痛みのあまりに退部したとのことだった。


外反母趾の進行はその後も続き、
腰痛、肩の張りがひどい自覚症状としてある、という。


しかし、経験上「首」が悪いはずと、
首を軽く触ってみると、
思わぬ激痛が走ったようだ。


やはり。


そこで応急処置を施したところ、
一気に軽快したようで、
ニコニコ笑顔に戻った。


「気持ち良い」
って。


セルフメンテするんだぞ~。


にほんブログ村

悲鳴の後には何が?・・・

ひい~っ!
と悲鳴が聞こえたらあなたは何を想像するだろうか?
筋トレ道場では毎日悲鳴を上げる方がいらっしゃるのだが…


実は、その後には笑顔が出るのだ。
100%間違いない事実である。
全力を振り絞る時に、
人は色々なものから
解放されるんだろうね。





健康にも絶対に役立つよ。
賢い人ほど習慣化しているね。
個人差はどんどん大きくなるんじゃないかな。


にほんブログ村

結論から言うと・・・

足裏から観るコンディショニングクリニックは・・・

成功だった。


誰もまともな足では無かったという点で。


ふざけて言ってるのではなく、


参加した全ての個人、カップル、ご家族の抱えているテーマや問題点解決の鍵は、


確かに


足にあったのだった。


■細くしたい人も


■バランス良く立ちたい人も


■立ち仕事で疲れやすい人も


■健康に気をつけている人も


■時々調子が悪くなる人も


誰もかれも「足」が悪かった。


形、強さ(硬さや剛性)、当たり(足圧のかかり方)、シューズ、インソール・・・等々から総合的に判断して、「足」に問題点があった。


頭や首、背中、腰、股関節、膝、足首、足裏の痛みや違和感は、「足」の変形や変質をきたすことになった「立ち方」や「歩き方」、「靴やインソールの選び方」に問題があることを示唆している。


僕が問いかけた質問に対する答えや試みたいくつかのテストの結果は、参加者に一定の行動パターンをとらせることになったのだった。


にほんブログ村

継続は美脚なり…

SNSを使って1年間指導させていただいたSYさんより
大変貴重なBefore→Afterの写真をいただいた。

2013年3月



2014年3月



太さも形も一目で分かるほど改善されている。


続けることの大切さがよく分かる。
短期間で集中して効果を出す人は多いけど、
維持できる人はそう多くないかも知れない。


SYさんは継続できる人。
素敵な女性だ。
丁寧なお礼のコメントもいただいた。
僕はアドバイスしただけなのに。
努力は100%ご本人の力である。


にほんブログ村

子ども達と競って…

子ども達は認められたがっている。
成長を。
それは自己の存在を承認されることである。
だったら…
できることからさせていけば良い。
少しずつ気づかないうちに
結構凄いことができるようになっている。



そんなプログラムを1000も2000も
(100や200ではなく)
考えることが指導者の役目だと思う。


できないことを怒鳴っている場合ではない。
指導者がしなくてはならないことは、
できない原因を突き止めて、
できる手法を考えて、
成果を引き出すことだ。



僕も誉めて~♪(笑)
全然できなかったんだよ~♪(爆)


にほんブログ村