負傷・・・

本日小学校の卒業式を迎える
Jr.クラスの塾生に
昨日ケガをさせてしまった。
写真はRICE後に
時間外救急を受診する際の様子。
担ぎ上げて
車椅子に座らせて付き添った。

昨日の指導の流れは・・・
・肩のインナーマッスル強化

・体幹強化
・肩甲骨動作改善
・片足支持バランス機能改善
・両足支持バランス機能改善
のメニューを
順番にこなすというものだった。


途中に給水タイムも
二度設けながら
余裕を持たせて
プログラムを進めたのだったが・・・


最後の
「両足支持バランス機能改善」
のところで事故が発生した。


1人目が終わり、
2人目の彼に変わって
直ぐのことだった。


ストレッチポールの上に
スノーボードに乗るように立ち、
飛んでく
るボールをキャッチして
返球するという運動だが、
何故だか彼は手を後ろに組んで、
スピードスケートの選手の様に
ポールに乗って、
そこから前向きに転倒落下した。
まるで、ジャンプして
正座をしたまま着地するような
格好だった。


本人曰く
手を着くのが間に合わなかった」
とのこと。



僕の目には、
落下の瞬間には、
膝を打ったように見えたが、
実際には違っていて、
脛の外側の筋肉(前脛骨筋)

中央部を強打していたようだ。



主訴は
「患部に触れるだけでも感じる激痛」。
実際に触ると、
涙目になる程だった。



足首を可動させたり、
立位で体重を支持したりは、
とてもできそうになかったので

一旦は骨折も疑った。


その後、
腫れも内出血も
見られなかったが、
念のために
レントゲンを撮影してもらうことにした。


時間外の救急外来で
かなり待たされたのは、
時節柄
インフルエンザの外来が
多かったからだろうか。


それはともかくとして、
その間にもじっとしているだけでは
痛さは「変わらない」
と彼は言っていた。


そこで・・・
「骨折ではあるまい」
という見込みで、
患部から離れた
大腿部と臀部の2か所を
30分以上入念に解したところ、
全く動かせなかった足首が
少し可動するようになり、
患部に触れても
多少我慢できるまでになった。



担当医が
「しいねで部分固定しますか?」
とこちらに聞いて来たので、
包帯で圧迫だけして松葉杖を貸してください」
とお願いしてその通りにしていただいた。


ちなみに、
痛み止でカロナールが処方されたのは、
ボルタレンだと腎臓に負担が大きく、
体の小さな子どもには不適だか
らである。


ところで・・・


この外傷が発生したのは
指導していた僕の責任だが、
それがどうして起こったのか?


とても気になったので、
彼の体を時間の許す限り
観察させてもらった。


その結果、
ある特徴に気付いた。


それは、彼の負傷した側の
左足第一指と第二指の関係である。

第一指が第二指の下に潜り込み、
第二指は常時浮いた状態。
当然外反拇趾化が進み、
見るからに辛そうである。


走るのも大変じゃないの?
と聞くと、
「真っ直ぐ走れない」と言う。


これは要するに
「バランスを取りにくい」
ということに相違ない。


彼には悪いことをしたが、
大きな気付きをいただいた。
今後の指導者育成カリキュラムに
生かしたいと思う。


それと同時に
彼の足のケアも
やらせていただこう。


そして、
最後になりましたが、
深夜遅くまで
お手伝いいただいた
スタッフ
両名には
深く感謝申し上げます。
お二人のサポートは
大変に力強く、
万全のホスピタリティでした。

本当にありがとうございました。



にほんブログ村

「負傷・・・」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    久しぶりにブログ回りをしていましたo(*^▽^*)o~♪もっと読みたくなります(゚∇^d) グッ!!良かったら私のブログも見てください♪また来ます<(_ _*)> アリガトォ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>