歩くことをまじめに考えると・・・

どうしても引っ掛かってしまうのが、
現行で常識とされている
ウォーキングの方法である。



これは本ブログの読者の皆様も
ご自身で調べていただければ
お分かりになると思うが、
簡単に要点をまとめておく。


■前方遠くを見て
■胸を張り
■大きく腕を振って
■できるだけ大股で
■親指の付け根で蹴り出し
■膝は伸ばして
■踵から着地する
・・・というものである。


その効果として・・・
■体脂肪燃焼
■血糖値降下
■美脚
等々が書かれている。


こうしたことを公表しているのは、
しかるべき団体や
医学博士の肩書きを持っている
有識者であるから質が悪い。


判断基準も研究心も持たない
一般人は
まんまと鵜呑みにしてしまうからである。


全く効果がないサプリメントや健康食品
自宅用トレーニング機材や用具
健康美容関連商品
・・・のどれも、
広告のキャッチコピーに踊らされて
購入してしまっている。


それらと同じ思考回路によって
ウォーキングの方法も
受け入れられているのだ。


■そのやり方って本当なの?
■どうしてその効果が出るの?
■他の方法は試してみたの?
■何か問題点は無いの?
といったことすら考えずに
「鵜呑み」
にする。


当然、数としては絶対多数派になるから
一見「普通」に感じてしまうのだが、
もちろんそんなことはないのだ。


人が
■立って
■歩いて
■走って
■跳んで
大きな力を発揮できるのは、
「筋・骨格系」の
総合力によるものである。


先述した歩き方の中で・・・
■足の指
■足のアーチ構造
■アキレス腱や膝蓋腱

のことが触れられていないことに
何人の方がお気づきになられただろうか?


昨日の関東地方は
40年ぶりの大雪だったという。
路面は凍結し、
雪や氷に慣れない都会の人々は、
歩くのに多いに苦しんだことだろう。
転倒してケガした方のニュースも
沢山聞いた。


しかし、
こんな時でも安全に歩く方法はある。


ただし、
その方法は、
絶対に
「膝を伸ばして踵から歩く」
ような方法ではない。


そのことに思考が及ぶと
自ずと正しい歩き方が
どういうものなのかが
見えてくるだろう。


僕が今主張していることは
今後必ず多数派になる。
ちゃんと説明を受けた方々は
「当然ですよね」
「なるほどそういうことか」
「今まで完全に間違っていた」
「どうりで○○が痛くなった訳だ」
と100%理解してくださっている。


これをまとめて
■準備編
■基礎編
■展開編
という構成でノウハウを広めたい。


ウォーキング指導や
健康指導に興味のある方々
色々絡んでいただけると
幸いである。


マリリンウォークならぬ
モリリンウォークで美脚をGET
してみないか?(笑)


<br
にほんブログ村</br

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>