スポーツトレーナー養成講座…

知識は当然だが、技術を持っていることは最低限必要である。


そして…


指導技術に先立って、デモンストレーションできるだけのものは持っていないと、現場で自信持って指導できないだろう。


男女問わず、そこは厳しくジャッジさせてもらうよ。ダメなものはダメだ。





■やって見せる

■やらせてみる

■間違いを修正する


指導者ならできて当たり前じゃないか?


にほんブログ村

毎週月曜日は…


主に中高生アスリートを強化する【肉体改造・動き上達塾】の日である。


部活が終わって参加する意識の高い子ばかりなので、指導していても楽しい。


短期間でも…


「こんなに伸びるのか?‼」


と驚くばかりの成長を遂げることも難しくない。


しかし、実際には「スポーツ障害予防こそ最も確実な競技力向上になる!」をテーマにした指導なので無茶苦茶キツイ所までやるのだが、無理をさせてしごいている訳ではないのだ。


一緒にやっているので…



逆に鍛えられたりも(笑)。




おいっ!
俺の方がキツイことやってんじゃないか?



にほんブログ村

足場の重要性って分かるかい?…

工事現場の例で言うなら、足場が悪ければ資材を運ぶのも一苦労だし、重大な事故を引き起こしかねない。


建造物そのものだと、足場は基礎であり、それが狂っていたり弱かったりすると、倒壊する可能性すら出てくる。


人体ではどうか?


当然同じである。本人に自覚があるかどうかは別として、足場が狂っていれば絶対にベストパフォーマンスは発揮できない。


1000分の1秒やコンマ5kgや1cmの差を競う競技者にとって、足場を考えない指導も練習もトレーニングも試合もナンセンスなのだ。


そこまでは考えていない。というのであれば、ムキになって練習やトレーニングや指導をする必要もない。楽しくそこそこやっていれば良いのだ。


何で一歩が出ないのか?もっと踏ん張れないのか?機敏に動けないのか?を追求するのであれば、足場考えようよ。当たり前じゃないか。





にほんブログ村

もしかすると…



この記事で紹介されている【アミノ酸】はMAX CHARGEかも知れない(笑)。


裏は取ってないのだけど、全国的にも有名で僕とも懇意にしていただいているメンタルトレーニングのスペシャリストの先生から相談されたことがあったんだ。


「私が関わっているジャニーズの子で…」と。


その時に送らせていただいたのがウチのMAX CHARGEだったのさ。実際のところ、あれは誰が使ったんだろうかねえ?



何れにしても一押しの商品であるのは間違いないんだけどさ。


にほんブログ村

東京にて・・・

友と会い・・・


知人を介して知り合った方と会い・・・


ビジネスパートナーと会い・・・


色々な話をして・・・


結局はその中に「足」のことが出て来て


喋りの比重がこちらに傾いて来る。


もちろん、コミュニケーションのプロとして状況は認識しているので自分ばかり喋らないように注意もしている。


それでも、こちらの話すボリュームが増えてしまうのは・・・


ネタが「足」だから。


みんな気になってるから聞きたくて仕方がなくなっちゃうんだろうね。


これが・・・



わずか、1~2か月後にはこうなるんだ。



もっと変わるよ。
良い方にね。


こんなことや



あんなことをして



変わって行くんだよ。


当然、自分(ご本人)の努力が一番大事だけどね。


ノウハウは全て教える。


アフターフォローもする。


■ 初回で驚き


■ 1週間で手応えを感じ


■ 1ヶ月で中毒になる


その位、足が変わるってのは大きなものなんだよ。


自分の足で立って歩くという真実の感覚を是非とも体験していただきたいものだ。


にほんブログ村

入れると立つ・・・



または・・・



とBMZインソールの話である。


入れると立つのは・・・


脛骨だ。


脛(すね)の骨のことね。


だから・・・


■ スポーツにも


■ 美脚にも


■ 転倒予防にも


大いに関係があるのだ。


だって、平面の上に「長さ」と「重さ」のある物体を立てようとする時、真っ直ぐの方が楽に立てることできるでしょ?余計な力必要ないから。


結局のところ、それがBMZのキモなんだよ。クッション機能やグリップ機能は付録みたいなもの。


人が二足で立ち、走り、跳ぶために最も重要なことは・・・


■ 安静時にいかに楽に立つことができているか?


ってことに尽きる。力学的に絶対にそれは間違いない。





↑の彼は100mのスプリンターだが、非常に才能があり、体もぐんぐん大きくなっている将来が楽しみな選手である。僕自身フィジカルコンディショニングを担当していて、マジで全国を獲るんじゃないかって思っている。


ところが、部活動指導者の適任者不在、人間関係その他の悪条件下にあって、記録が停滞し、故障も増えて来ていた。


それがスッキリと改善してドリルを再開できた陰にもBMZの存在があるんだ。

陸上自衛隊公式採用はダテじゃないね。


にほんブログ村

吸収がとても良く、有効成分がぎっしりと詰まりまくっているから・・・

色々なものに好影響を及ぼしている。


こんなゴツイ体を作ったり、


風邪を引かない体や弱った体を超回復させるのに貢献しているようだ。


頑張って、色々入れたのが良かった(笑)。



ちなみに先日は「風邪が治りました!」なんてことをブログで書いてくれた方も。


お陰様で好評発売中♪



ちなみに今度フレーバーが変わる予定♫


にほんブログ村

猫ちゃんが二足で立つってのは・・・

もちろん、尻尾でバランスを取ることができるってのもあるんだが、それとは別に・・・



足の指を目一杯広げて爪を出すことができるから、である。


このガタイに対して小さすぎる足でも指を広げて幅と押さえを作り、爪を伸ばして重心を前にシフトさせるバランスアップのテクニックなのだ。


しか~~~~し、


この様な足ではそれは叶わない訳である。



人間も足のサイズの割には身長が高過ぎ、体重は重過ぎるのだが、それもこれもしっかりと支える「足」あればこそ二足立位、二足歩行を常態とできる。


そのためには・・・


◆開く指


◆正確に接地した指の腹


◆3種類のアーチ


◆硬いが、適度に変形もでき、瞬時に復元もできる剛性


の全てが必要である。これらが不足していても立ったり、座ったりは可能だが、100点満点からは大きく減点されてしまうのだ。


それは運動のパフォーマンスにとどまらず、日常生活動作や健康状態へも影響するほどである。それが恐い。


にほんブログ村

何故、踵から歩いてはいけないのか?

その理由は3つある。


すなわち・・・


1)踵にはショック吸収・分散機能はない


2)足裏の3つのアーチ機能をタイミング及び効率良く使うことができない


3)(爪先を上げて踵着地する際)膝もアキレス腱も伸展しているため膝蓋腱及びアキレス腱のバネと反射機能が働かない


というものである。イラストをよく見て欲しい。

だから、シューズやインソールの機能に依存せざるを得ないのである。


それとて・・・


体力に満ちた成人アスリートならまだしも、


◆発育途上の完成されていない子ども達や


◆運動不足と体力の衰えが気になりだした大人達や


◆筋-骨格系に不安がある高齢者や体体力者たちにとって・・・


「膝を伸ばして大股で踵から接地してダイナミックに歩こう♪」


なんてキャッチは


(さっさと膝や腰を痛めて病院通いをしてくれ!)


ってのと同等の意味を含んでいるとしか思えない。聞こえない。


体の仕組みをちゃんと分かっている人ならすぐにこの理屈に気付くはずだ。


自分の目で見て、体で感じて、真実を掴むことをしなければ健康になれない世の中である。


誰かがこう言ってた とか、


何かで読んだことがある なんてあやふやなことで


取り返しのつかないことにならないように、


自分の目で見て、体で感じて、真実を掴むことをしなければならないよ。


「悪気はない」のだろうけれど、健康指導者の中にはインチキみたいな人がゴロゴロしているよ。


ウォーキングに関してはバカとアホしかいないと思うね。


「踵から歩け!」ってことだけでもう完全にアウトだ。


◆裸足でコンクリートやアスファルトの上を歩いたことが一度でもあるのだろうか?


◆シューズが厚底でインソールまで入れていれば地面からの衝撃が物理的に0になるとでも思っているのだろうか?


◆スポーツ障害を考える際に「動作特性」「外力の影響」「頻度」「期間」を考慮する必要が無いとでも思っているのだろうか?


断言しよう。


世界中で一番権威のある専門家が


「ウォーキングは踵から着地して歩きましょう!」


と言ったとする。


もうその時点で


その人物は偽物となり地に落ちることになる。


◆階段を下りる時に人は踵から着地しない


◆縄跳びは踵から着地しない


「でも、それは何故?」


ってことを考えるべきじゃないの?


これね、着地しないのではなく、「できない」んだよ。


体が壊れるから。


ウォーキングだと「すぐには壊れない」から気付いていないだけで、


「距離」×「速度」×「頻度」×「期間」を考慮すれば・・・


その危険性に気付くだろう。


更に・・・


「インソールを入れずに」


「薄い靴底のシューズやヒールの硬い靴や」


「裸足で」


ウォーキングするならもっと早く体は壊れるよ。


病院や整骨院へ通うのが好きな方や痛み止めを飲むのが好きな方にはお奨めであるがね。



にほんブログ村