筋トレ塾納会♫・・・

「マジ、ヤバいっす!」が聞けて良かった(笑)。


全力で限界に挑戦するからこそ感じることだ。


GET筋トレ塾では・・・


「競技力向上」を目的としたフィジカルトレーニングを指導している。


だから、参加者が柔道部員と野球部員のような全く競技特性が異なるメンバーだったとしても、それぞれに合ったメニューを作成して対応するのだ。




誰が柔道部員で誰が野球部員か分かるでしょ?





ちなみにこれが愛すべき柔道部員♫




皆一年間お疲れさん。来年はもっと追い込もうな~♪



にほんブログ村

年末は毎年忙しい…

粉雪が舞う中でのスピード&コーディネーショントレーニング指導。


「早く」反応し「速く」動くためのメカニズムを解説する。


もちろん、「分かるように」表現しなければならない。



「やってみよう!」
子どもたちは良いねえ。元気で。



写真からでは分かりづらいスペシャルメニュー
一日ではマスターが難しいが、今日も含めて2日連続の強化スケジュールでカバー。




にほんブログ村

脚を鍛えよう♪

老化は脚からというよね。


だったら・・・


本気でアンチエイジングを考えるなら、脚を鍛えるべきじゃないの?



脚を細くしたい、ってのは脚の筋肉を減らすことじゃないでしょ?




筋肉が減るというのは、=老化、だよ。


減らしたいのは脂肪の筈。脂肪を一番燃やすのは筋肉。


だったら・・・


あなたがするべきは脚の強化だろう。


【最近はかなりスクワットをやっている。もちろん今日も♫】


筋肉がついて太くなるのが嫌って人も多いが、一方で食べなくて良いものをバクバク食ってたらそりゃ太るに決まってるさ。家畜と一緒だからな。


だから、「太った~」なんて言ってる人は俺には「私は家畜です」と言ってる風にしか聞こえない。


つまり世間一般では毎日共食いが起きているという訳だ。世も末だなこれは。。。


にほんブログ村

KBCラジオPAO-N聴いてね〜♪…

シリーズ化されてもう2年以上経つんだなあ。


健康森部塾。良いネーミングまでいただいて感謝。


ところがこのコーナー、毎回スタジオ入り数分前のアバウトな打ち合わせというか、振りがディレクターから出されてのぶっつけライブという綱渡り的なもの汗


つまり、妙な小細工もできないので当然のごとくリアル度満点の番組なのだ。


それが本日は初めてテーマが決まってる(笑)。先月の反響が良かったと言うか大きかったので、それを受けてからの「ウォーキング」に関するお話だ。




にほんブログ村

2014年1月2日新年早々から佐賀玉屋に出没するぞ~♪

足や骨格の歪みに関心がある人には朗報だ。


あ、それと佐賀市近郊にお住まいの方ね。


佐賀玉屋さん5階の本館と南館を繋ぐ通路に「足裏から診るコンディショニングブース」を出店するよ。13日までね。


6階ではJOC主催の2020東京オリンピック・パラリンピック開催支援フェアも開催中。1フロア下なんだけどね紳士服売場に隣接してやるんだ。


もちろん、メンテとテーピングもあり、だ。

違いはその日その場で体感していただける。どっかおかしい人、悩み中の方新年から気持ち良くなろうや。


にほんブログ村

例えば、だ・・・

仮にウォーキングが体に良いとするじゃない(僕は健康づくりのためには筋トレが一押しでウォーキングなんて全く奨めていない)、それでもだよ・・・



この様な足で歩いていたらマズイと思うでしょ?分からない?

◆外反母趾で

◆親指と人差し指が重なってて

◆薬指と小指は横向きに寝ている

そんな足で歩けるか?歩くべきなのか?


先ずは、それらを改善しての話だろうよ。ウォーキングなんてのは。


あなたは、空気が入っていないタイヤや亀裂が生じているタイヤを履いたまま車の運行をするかい?もし、するなら頭がどうかしているよ。だから議論にならないので絡まないでくれ。「危ないから運転はしない」ってんなら、ウォーキングに先立っての準備をすることだな。


にほんブログ村

とあるシューズメーカーの方とお話ししたのだが・・・

何せ製造販売実績数十年の歴史あるメーカーさんなのでパンフレットも販売手法もしっかりされていた。そういった点では予想通り。


そして・・・


案の定パンフレットにはこう書かれていた。しかも図解入りで。


「かかとから着地してできるだけ大股で歩きましょう」と。


他にも腕振りのことなんかも書かれていたが、やはり目につくのは「かかとから着地」の表現だ。


某有名大学医学部教授で医学博士のコメント付きだった。笑わせるぜ。博士なんて世界中にゴロゴロしている。ありがたがる必要は無い!


かかとから着地する危険性はこれを見たら誰だって分かるはずだ。



かかとから着地すれば足裏のアーチは不要だ。たちまちのうちに地面にぶつかった衝撃は「波」となって上昇する。震源地をかかとと地面の接地点として、P波とQ波が広がって行く。そして湾曲した頚骨やO脚、反った腰、猫背、頭が前に出た首等、歪みの大きな箇所にダメージとして蓄積される。耐久性には個人差があるものの、こうした物理的な現象は万人に共通である。


縄跳びで決してかかとから着地しない(=できない)のは、体の解剖学的構造と運動のメカニズムによる自然なものである。ウォーキングだけが馬鹿どものせいでおかしな解釈をされて普及しているのだ。


正しいことは人に決めてもらわずに自分で判断するべきだろう。分からなければ裸足になってコンクリートの上を大股で歩けば程なく分かる。


絶対にかかとから着地するウォーキングでは健康になれない。


そういった訳で先述のメーカーさんとは手を組めなかったのだ。自分の言葉に責任を持つというのはそういうことである。


にほんブログ村

太一にたずねよ…

利休にたずねても「嘘」や「歪曲された世界」しか知ることができない。つまり何の役にも立たないのだが、トレーニングやコンディショニングに関することならウチの太一にたずねてくれたら良い。僕がいなくても大丈夫だ。

GET朝倉店
0946-24-3636


◆トレーニング指導も

◆ストレッチも

◆メンテナンスも


任せて良い。成功者続出中である!


にほんブログ村