真実はどうかな?…

「ぽっちゃり女子」人気は幻想だった!? 本当にモテる体型が判明
最近、ぽっちゃりさん向け雑誌ができたり、芸能界でもぽっちゃり体型のタレントさんが活躍しているなど、空……….≪続きを読む≫


モテたい!という純粋?な気持ちはいつまで持ち続けるものだろうか?お目当ての人を手に入れるまで?それとも・・・。


しかし、はっきりと言えることは人間とて動物。種の保存という自然界における生命の大原則は、淘汰されることを何よりも恐れる


運動能力が不十分で自然界にフィットできない個体は

獲物として狩られるか、

獲物にありつけずに餓死するしかない。

当然、ぽっちゃりではダメなはずだ。


ならば、男女問わずダイエットを含めたコンディショニングは必要ではないかと。それをできない理由を色々並べてみることは可能だが、それ自体にはあまり意味は無い。結局はやらないといけないのだから。


それよりも「どうしてできないのか?しないのか?」を考えて原因を元から断つべきであろう。


言うまでもなくそれは「食生活」に起因している。炭水化物という「糖質」を過剰に摂取し「続けた」結果が「糖質依存症」とでも言うべき状態に自分たちを追い込んだのだ。お酒のアルコールやタバコのニコチンに依存しているのと同じようなもんだね。


断つことができないから「依存」なのだ。そして、どれだけ依存しても体が良い方向に向かうことは絶対にない存在。それを理解できないのは「理解しないから」である。必須アミノ酸、必須脂質があるのにどうして必須糖質が無いのか?ということを考えないからである。


食べ物はタンパク質を除いて全てCとHとOで作られている。そう。炭素と水素と酸素だ。燃やしたら炭と水が残るから分かるよね。


人間のぽっちゃりを作っているのは運動不足とそれが理由で消費し切れない糖質である。解決する方法は簡単だね。でもしないのはなぜ?もう一度よく考えてみるべきだろう。



理に適った努力をすることが「理性」というものだと解釈している。


にほんブログ村

オリジナルインソールできた…

陸上自衛隊も公式採用。
プロアスリートも多数愛用。


そんなキャッチコピーで「立つ、歩く、走る」をより進化させるインソールがBMZだが、その上位モデルで自分の足に合わせてオーダーメイドしてもらった。









今朝から愛用中。
めっちゃ楽である。


クッションが効いているとか、感触が良いとかの次元ではない。


あまりにこれまでと違い過ぎて説明が難しいよ!


注文して3週間はかかるけど、納得していただけるだろう。


にほんブログ村

脚が細くならないんです。特に・・・

太腿の前とふくらはぎが気になります。


そう書かれたメールに貼り付けてあった写真が下の2枚である。





どこが気に入らないのだろう?全く女性の心理は難しい。素敵な脚だと思うんだけどな。


しかし、そんなことを僕が思っていても何の解決にもならないので、少しでも改善できるネタを探すために再度写真とにらめっこしてみた。


そして「あること」に気が付いて仮説を立ててみた。「この部分がこのような形状をしているのは・・・が原因ではないか?」と。


それで「2つ指示をして新しく送ってもらった写真が次の2枚である。





僕はこの中に4つの問題点を見つけた。そしてそれは仮説を立てた段階で予測していた4つと同じであった。


皆さんはお気付きになられただろうか?


彼女に対しての僕の指導は既にスタートしている。


にほんブログ村

パーソナル筋トレ塾は・・・

男女とも対応している。



ちなみにこの日は野球とバレーボールをやっている子たちが対象だった。年齢と性別の違いを踏まえて選んだトレーニングの内容は「バネ」に関するもの。


まずは解説。



頭で理解してもらってからのスタート。真剣に耳を傾けてくれるのでやり易かった。


教えたエクササイズは20種類を超えていたようである。ご両親には復習用としてスチールとVTRの撮影をお願いした。同じ空間にいる全員が真剣。




これさえ改善できればスーパーエースになれるのは間違いない。





にほんブログ村

スポーツ大国アメリカなんて構えなくても・・・

米プロスポーツ界で表面化した「いじめ問題」。自由でおおらかは勘違い?
 日本から米国に渡り活躍するアスリートが増えている昨今。米国にいる日本人選手がのびのびとプレーし……….≪続きを読む≫


ハリウッド作品とか観てれば、アメリカの闇や精神的病巣は呆れるほど沢山あるよね。まあ、それが超トップの世界にもあるってのは残念だけどな。


にほんブログ村

MAPPYウォーキング講座(臨時)…

運動の効果を筋肉づくりや体力づくり、エネルギー消費による減量について出したいのであればウォーキングは止めた方が良い。それだけは間違いない。


実践期間中の効率でみても、将来的なメリットでみても「筋トレ+ダイエット」を行う方が賢明である。


ところが、現実にはウォーキングの実践者は増えているし、ビジネス的にも市場が広がっている。


そこで・・・


「正しい指導を行う」という前提で、講座を開く意味はあるという結論に至った。


それで最近は時々森部流ウォーキングトレーニング(MAPPYウォーキング)講座を開いたりもしている。で、昨夜も筋トレ道場終了後にプチ講座を開催したのだった。


◼︎姿勢


◼︎動作


◼︎効果


◼︎注意点


についてダイジェストで紹介したよ。


市場はある。だって、世の中の常識と真逆だもん。分かり易いでしょ?


ビジネスで関わりたい人、共同で研究したい人は連絡入れていただきたい♪


にほんブログ村

先生、お腹が凹みました・・・

昨日の筋トレ道場に参加したゼミ3年生のSN君。初参加だったのに、のっけからベンチでMAXまで追い込まれ(あ、追い込んだのは俺か)、アフターではバク転教室に参加してバク宙まで挑戦して(あ、誘ったの俺か)頭を打っても元気な程のナイスガイだ。その彼が今朝・・・



「先生見ます?ほら、朝起きたら凹んでるんですよ」


と、頼んでもいないのに自信気にジャケットを脱いで、横を向いてお腹を見せつけてきたのだった。


しょうがないので暫く経過観察してみるかな。


にほんブログ村

身をもって知るしかないのだろうな・・・

ショック!24歳で閉経?「100人に1人が30代で閉経をむかえる」喫煙女子は要注意
キャリアも軌道にのり、ステキな夫も見つけて「子供もそろそろ欲しいかな」と考えていた矢先に、医者から「……….≪続きを読む≫


タバコが原因だとしたら自業自得だろう。これだけタバコは体に悪いって情報は溢れているのに「自分は大丈夫だ」っていう根拠なき自信に身を任せていたのだろうからね。


アンチエイジングや美容、ダイエットに興味を持っている一方で喫煙を含め、食事や生活習慣(運動習慣を含む)がいい加減な女性は多い!


体に良いことやモノを考えるよりも「体に悪いことを止める」方が遥かに有効性が高いのにね。


理想と現実のギャップを生んでいる原因は自分自身にあることを実感すべきだろう。



にほんブログ村

膝と腰の痛みは深刻だ・・・

なぜなら、動きが制限されてしまうから。


つまりは「歩けない」ってことになってくる。


そんな方々にどうやって健康になっていただけば良いのだろうか?


歩かせるのか?


そんな馬鹿な!


日常生活に習慣的に取り入れるとしたら時間は極めて「限定的」にならざるを得ない。


せいぜい30分。


一生懸命に頑張っても1時間が限度だろう。


体脂肪の燃焼効果なんて前後の食事で全て棒引きだ。


研究者のご都合主義的データを過信してはいけない。


代謝を上げるには


◆筋トレ


◆糖質制限


に限る。



成功例は枚挙にいとまがなく、成功率も段違いに高い。


ということでご高齢の方々にも先ずは筋トレをお薦めするのだ。それで動ける体を作ってからのウォーキングならありだろう。





にほんブログ村

従来型ウォーキングがダメな理由は・・・

・・・色々ある。是非、私の過去ログも参考にして欲しい。


もっと身近にこうした事例を考えてみても良い。


◆膝の痛みを抱え
「痛~い!」


◆整形外科を受診し

「な、軟骨が無~い!」


◆可動域テストを行って

「ま、曲がりませ~ん;」


◆ヒアルロン酸注射を打たれた

何回もうって膝はデコボコ・・・


◆O脚で外反母趾で巻爪でもある


そんな方に従来型(膝を伸ばして爪先を引き上げて踵から着地する)ウォーキングを奨めて良いのか?

ちなみに医師は大腿四頭筋(膝上の大筋群)の強化をすべきと示唆している。


ダメでしょう!従来型ウォーキングでは大腿四頭筋は強化できない!


絶対にダメだよ!


バカじゃない?


某メディアや某団体が推奨する従来型ウォーキングは「絶対にやるべきではない」と断言する。


歩いても健康にはなれない。


歩くから健康になるのではなく、健康だから歩けるのだ。それ以上を期待してはいけない。


ここ↓には上手く歩けない人や運動器に疾患を抱えている人たちも多数ご出席されていた。「目からウロコの介護予防筋トレ講座」である。



ちなみに↑の3枚上の可動域制限があった方も参加当日にここまで復活できた。


大入り満員だったのは「成果がその場で体感できる!」ってのが触れ込みだったので、半信半疑ながら「今までの方法ではダメだった人たち」が集まったからだ。


そこでは一切ウォーキングなんて薦めていない。「やるな!」と言っている。

やるなら森部式ドロボーウォーキングしかないよ。それにしたって準備が必要だけどね。運動不足と飽食で壊れた体を元に戻そうってんなら覚悟を決めろ。バカに騙されるのは大バカでしかない。


筋トレは良いぞ~♪


にほんブログ村