こだわればキリが無いのだが・・・

重力と引力は違う。


それを分かっていて使っているのであれば良いのだが・・・。


物理学を正しく理解しないでスポーツトレーニングの世界に入って来た人たちは、知識を深く掘り下げないまま上辺だけ暗記して使用している。


尤も、それで聞いているクライアントや生徒側も「大体OK」で済んでいるので構わないのかも知れないが、同業者としてはあまり感心しない。


筋トレは重力の影響下で行うものだから・・・ってのは正しいのだが、厳密には地球の中心に向かって働いている物体を引く力は「引力」なのである。物体と地球が互いに引き合っている訳だが、地球の重さ(正確には質量)が圧倒的に大きいから「物体だけが引かれているように見える」のである。


本当はこの物体には地球の自転運動によって生じる遠心力が働いているので、重力は引力と遠心力との合力になる。ということは、緯度の高さによって数値が異なる訳だ。



この図はそのことを簡略化して示したものである。


こんなことも理解した上での筋トレ筋肉であり、コンディショニングとしてのトレーニング科学なのだ。数学や物理が苦手だなんて言ってる場合ではない。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>