ダイエットの恐い弊害・・・

ダイエットに興味を持つのは良い。だけど、体重にだけこだわるような愚を犯すべきではないよ。


共通の知人を通じてある人物から相談のメールを貰ってから早いも
ので1ヶ月が過ぎた。相談内容は「過食嘔吐症」に悩まされている、とのことだった。


3年ぐらい前から拒食と過食嘔吐を繰り返しここ1年ぐらいで悪化する一方で、心療内科に通院するも改善・変化はなく、最近では過食嘔吐が以前にも増してひどくなり体もメンタルもいっぱいいっぱいになっての相談であった。


で、本人からの申告内容に基づいて更に詳細なヒアリングを行って明確になったことが3つある。


■本気で治そうとは思っていない


→1ヶ月以上前からメールで何十回とやり取りをしているものの一度も会っていない。=「面談の申し込み」をして来ない。


■肝心のことを隠している


→どうしてそうなったのか?について時期が確定しているのに原因をはっきり言わない。


■自分で自分を洗脳している


→「分かってはいるんですがつい不安になって体重計に乗っては吐く」のだそう。


ウチには専門のカウンセラーもいるのだが、ここまで殻の中に閉じ籠り(現在の環境の)外に出て来れないのでは、もう壊れるしかないだろうね。非常に興味深いのは、3年通って改善が見られない病院に通院していることと、他人(この場合は私)の話をメールで聞き一定量のコミュニケーションは取れるのに「実際に会う」というところまでは踏み込めないということ。


その一方で主治医からは入院を勧められているらしい。
これまでの通院治療・服薬では改善しなかったどころか酷くなってきていると自分で言ってるのに、それを検討しているのだからね。


ダイエットをファッション感覚で軽く考えていると大変なことになるよ
。注意してな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>