大人気夏休みスペシャル講座=ベースボールクリニック!!・・・

全国各地で夏の甲子園出場校を目指す熾烈かつドラマチックなゲームが展開されている。そして、その中のどこかに進学するであろう次世代の子どもたちまで既に熱い戦い?を始めている。


ところが、世間一般の競争とは異なる様相を示しているここはNCCAコンディショニングセンター福岡南。「ベースボールクリニック」と銘打っているが、このクソ暑い中「やれ根性だ!気合だ!体力だ!」とバカみたいにテンション上げまくりのものとは訳が違う。少年たちの心と体の健全な成長と、確かな技術の向上を伴いながら、将来の野球に関わる人生に少しでもアドバンテージを与えるカリキュラムを持った講座なのだ。


スキル・メンタル・フィジカルの全てを合理的に伸ばす指導を心掛けている。初回なのに満員。初回なのに「来て良かった」「あの人も来れば良かったのに」「最高」「こんなセミナーならもっと早くやって欲しかった」と絶賛されている理由は・・・?


ちなみにサッカークリニックもあるよ♪

お薦めするコンディショニングのノウハウについて・・・

タイトスケジュールが続く毎日である。しかも大移動やセミナー、収録、研究調査、商談、企画会議等の異質な仕事が不規則に入ってくる。それをプライオリティを決めながらダブルブッキングしないように捌いていくスリリングな毎日を楽しんでいる。間違いなく体力が無ければできないだろうし、体力があったとしても何かのトラブルに見舞われ仕事が捗らなかった場合にはストレスを抱えるかも知れない。それを「楽しむ」とはどういうことなのか?


もちろん、性格的に向いているとか、
能力的にできるレベルにあるとか、それで生活を支える構造が出来上がっている等の条件は揃っていると思う。


とは言え、私とてあくまでも生身の人間だ。歳もとれば、
疲れもするし、集中力にだって限界はある。したがって、当然私なりの「対処法」を以て適時自分の心身の状態をキャリブレーションしている訳だ。


その中でも重要な位置付けを占めているのが
筋トレとリンパケアを含むボディメンテナンスであり、それらの全てはNCCAが資格認定講座としてまとめている。つまり、私が自分らしくあり続けるために必要なノウハウをジャンル別にまとめたものがNCCAの資格として発展したのである。効果があって当たり前だ。自分が欲しいものを形にしたのだから。


壊れ易く、実際に度重なるケガを経験し、専門医による再起不能の診断を受けても乗り越えて来たノウハウである。自信を持って教えている。


自分のために確立したノウハウは、
25年をかけてトレーニングとコンディショニングを必要とする数千人規模の人々についてケーススタディを繰り返しながら、贅肉を削ぎ落としスタイリッシュに仕上がって来たものなのである。

メールフォローの実力・・・

とあるチームのピッチャーから深刻な相談が届いたのは2ヶ月前のことだった。聞くと股関節を痛めて、1年位前からほとんど活躍できていないそうだ。鍼灸や整体にも通って治療に集中してもダメだったとのこと。今では右股関節に常時違和感があり、セットポジションから体重を支えたり移動させたりも困難で、その結果フォームが崩れ球速もガタ落ちらしい。それで「何とかなりませんか?」と相談があった。ちなみに彼は関西の選手だ。当然「遠隔操作」にならざるを得ない。

何度かのメールをやり取りしながら詳細な状況の把握に努め、自宅でできるセルフ整体と筋トレの手法を説明した。この様な文面を付けて。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

股関節の動きの悪さは少しずつ改善しますので、焦る必要はありません。ただし、トレーニングボリュームを90に抑えて回復に100を充てなければなりません。栄養面では糖質(ご飯や麺類)を控えて、脂身の少ないたんぱく質を増やし、ビタミンやミネラルが不足しないように気をつけてください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■

すると、この様なメールの返信があった。
メニューを与えて1週間後のことである。

■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

お疲れ様です。最近かなり股関節の状態が良くなってきました。投球でも右足の感覚が変わってきて低く入れるようになり、力を出せるようになってきてると思います。


ところで画質が粗いのですが、最近のピッチングを動画で撮ったので送ります。アドバイスをお願いします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

彼も本気なのだろう3方向から撮影された動画を3日分送って来た。分析した結果は容赦なく伝えた(笑)。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ピッチングはロスが多すぎです。
ピークのパワーも溜めきれていません。具体的には…
■3塁側に膨らみキャッチャー方向に100%を出せていない
それは右股関節に乗ってしっかり押し出せていないからキャッチャー方向へのストライドが小さいからでしょう
■右腕のテイクバックも十分ではないようです
■少し身体が細くなったようにも見えます

(ただし、画質の粗いムービーを観ての感想なので正確ではないかも知れません。)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

これについての彼の回答はこうだった。


「全て合っていると思います。自分でも思い当たることばかりです。インステップのし過ぎで3塁側に行きすぎてしまい、ステップ幅も6歩行くか行かないかになり昔に比べて半歩狭くなっています。右の股関節に乗っている感覚もほとんどありません。テイクバックしても下の動きに合わせようとして小さくなっています。体重に関しても去年83㎏まで増やして股関節を痛めたので、負担を減らすために80行かない位をキープしています。・・・(以下略)」



ここから更に細かく指示を出して更に1週間が過ぎた頃近況報告メールが入った。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

股関節のトレーニング他指示されたメニューをやり出してから足を上げる感覚が変わって来ました。今までは反動で上げてしまっていたので頭がぶれて、股関節もぶれていたのが・・・(中略)・・・テイクバックも安定する感覚があります。MAXも3㎞/h上がりました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

1年間以上くすぶっていたものが実質的にはメールサポートの2週間で解決(まだ途上であるが)しつつある。これが真実のノウハウだ。
彼が犯した大きな間違いはどこにあったのか?それに気付けばあなたも立派にアドバイザーになれるぞ。

本格スタート!何を?・・・

人間の身体能力や健康状態を改善するためのノウハウを突き詰めて行く過程で必然的に行き着いたうちの1つが「足」だ。他にもあるが、この人体の基礎・基盤とも言うべき「足」をもっと掘り下げて研究を開始する。健康オタクも同業者も珍しいもの好きも「本気」ならウエルカムだ。一緒に勉強してみないか?


今日から9月末までの期間で収集する「足」のデータを5000人目標としている。測定の希望者はinfo@ncca-gym.comまたは070-5532-7216までお問い合わせいただきたい。この期間中の測定は無料だ。

ダイエットに一番簡単で確実な方法は何だろうね?・・・

立場上はもちろんだが、何しろ動物として僕は「運動(筋トレ)」を含むトータルコンディショニングを実体験からも指導実績からも100%自信を持ってお薦めする。


しかし、世の中のダメダメ君やアラアラちゃん達はなかなか「運動」が続かないのが現実だ。で、何やらかにやら市販のものを探し出して来ては人体実験を繰り返し都度ダメ出しを食らって酷い状況に陥っている。

そこで仕方がないので絶対に失敗しない(現状を基準に体脂肪を減らしてお腹まわりをスッキリさせるという点で)方法があることをここで書いておきたい。ただし、答えは一旦自分で考えてみて欲しい。その方法って何だ?

MIZUNO VS Reebok・・・

と言ってもデザインや機能の優劣のことではない。

上の写真を見て欲しい。普通に考えて「靴の履き方を間違えているということは脱ぎ方も間違えているということ」だが、手前のランバードと奥のリーボックのどちらが正しい靴の脱ぎ方だろうか?理由も合わせて回答していただきたい。

老若男女が集うジム・・・

毎週月曜日は本店の日。通常だと中学生や高校生の弟子が順番待ちしているのだが、試合期ということもあって調整や疲労のため皆さんお休み。それでスタッフと一緒に追い込んだのだった。

道連れは定番だ(笑)。

途中、不具合のあるマシンを分解して調整もした。ホッといたらそのままになってたかも知れないな。もう少しマシンのメンテナンスについては指導が必要だろう。

帰り際には若い衆(会員)が集ってMSPPで追い込んでいた。

GOOD JOB!拓ちゃん。ガンガン楽しく行こう♪しかし、何故か今日は全員ウエアが黒系だったなあ。ユニフォームみたいだ。

足裏から見る・観る・診るコンディショニングセミナーのための・・・

資料収集が最優先課題である。

理論は確立しているので、このプロジェクトの目的は・・・

「再現性の確認」
「スポーツ障害との関連性の調査」
「スポーツパフォーマンスに与える影響の推定」
「整復技術の効果判定」

等にある。

凡そヒトの健康や体力づくりに関係する仕事に従事する全ての専門家にとっては有って損は無い資料になること請け合いだ。また、原因不明の体調不良や頻発するスポーツ障害に悩まされている人とっては喉から手が出る程欲しい情報となろう。

取っ掛かりは今週金曜日7月26日13時から九州共立大学経済学部スポーツビジネスコース森部ゼミにて行う。

参加希望者(検者・被検者共)は092-405-6871または

info@ncca-gym.com


お問い合わせいただくか、私宛にメッセージを送っていただきたい。

質問は・・・

周知されるまでは本ブログでも対応させていただくが、今後はこちらへいただきたい。

やじるしやじるしやじるしやじるしやじるし
筋トレ健康大学

kintore.genki1.org/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

※※様



ご質問ありがとうございます。返事が遅くなって申し訳ございません。以下回答です。ご参考ください。

ピッチング・スピードアップ・プログラムは、レッスン1~3に分かれていて、身体づくり・動きづくり・パワーアップとなっています。

これは全14種類のエクササイズをワンセットとして取り組むべきものなのか、例えば身体づくりのパートをまず重点的にこなしてある程度のレベルまで達したらそれに動きづくりを加える、ということですか?

→回答:基本的にはその通りです。当初、
本プログラムを開発した時には、購入予定者が今の様に年齢や競技レベルで幅が出るとは想定していませんでした。よって、高校生や大学生のようにある程度体ができている子達であれば、「どこから始めても構いませんよ。体力に応じて少しずつ無理なく取り組んでください」と対応するつもりでいました。

しかし、※※様のご子息のように小学校低学年の方々(保護者や指導者)が購入者の大部分を占めるのが現実となり個別のケースに応じてフォローが必要となっています。

先ずは、体づくりと動き改善のエクササイズに取り組んでください。
パワーアップはもっと後の段階からとなります。


森部流肉体改造・動き上達塾
塾長 森部昌広

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

パワーは全ての競技で有効な体力要素だが、訳あって少し遅れた段階(・・・というよりは、パワーアップの前にやっておくべきことがあるために)から始めることになるのだ。段階を踏まずにいきなり取り入れるから故障者が増えることを指導者は知るべきである。



このままで良いと思えるだろうか?・・・

あなたの足の裏は大丈夫だろうか?タコはないだろうか?うおの目はないだろうか?一度しっかりと観察した方が良い。


どうしてこのような足になるのか理由も分かっている。そして将来(もしかしたら既成事実になっているかも知れないが)起こりうるトラブルも予測がつく。しかも高い確率で。


BMS渡辺通店を訪ねて来られた際に杖を着いてひょこひょこ階段を昇って来られたこの方は、お帰りの際には杖を着かずに出て行かれた。これは皆さんにとっても彼女にとっても衝撃かも知れないが昨日起きた事実である。