トレーナーのイメージ by 俺・・・

コンディショニングの観点から言うなら・・・
◆運動指導
◆栄養・食事指導
◆ボディメンテナンス
◆メンタルサポート
ができる人でなければならない。それもトレーナーサイドの自己満足的仕事ではなく、クライアントベースでの結果を演出できるレベルを伴っていてこそのプロフェショナルだ。

NCCAではそういう指導者を養成して行きたいと考えている。すると、「実務」を伴っていなければならないよね。資格だけ取って「仕事をしていない人」「仕事を作れない人」の支援も事務局でしっかりとサポートして行くが、何よりも「プロになりたい」と思った時点で、得意か不得意かに関わりなく「自ら積極的に動く」努力が必要で、片時も足を止めてはならない。※寝ている間にも考えている位じゃないと無理だよ。

ちなみに僕は昼行燈が嫌いだ。

動こうぜ~。
何のためにフットワーク鍛えたんだ?

何のために筋肉を追い込んだんだ?

何のためにメンテナンス覚えたんだ?

使って稼ごうな~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>