たとえ既にプロフェッショナルであったとしても・・・

本気なら真逆の行動にさえ躊躇わないものだ。
かつて僕がそうであったように。

もちろん十分に悩み思索するプロセスは必要だが、
全てはクライアントの安全と健康と結果のためだからね。
それに勝るものは無い。

昨日は教え子でもあるST君(パーソナルトレーナー・ボディビルダー)が3本指ソックスの注文にやってきて「足裏からクライアントの動きやコンディショニングをみていくってのは大事ですね」と、

最近の指導成果をiPhoneで見せながら説明してくれた。
こんな足ではNNNNNNNGってことで二人して盛り上がった次第。

彼の指導には定評があり、予約が取り難い状況まで生まれているそうだ。素晴らしい。人柄も立派で落ち着いて話ができる若者である。そのST君が「フルレンジのトレーニングを一切止めました。お陰で使用重量がガンガン上がっています」とのこと。良かった良かった。

また、AHさん(パーソナルトレーナー・元加圧トレーナー)からは「加圧は一切止めました。理由は…です。森部先生の指導が受けられたお陰です」とのメールをいただいた。現在はリアクションレジスタンスマシンを含む筋トレをガンガン指導してある。こちらもお客様増加中とのこと。やはり柔軟な発想と対応で進化を考えてあるので、これからはビジネス面でも更にブレイクするものと信じる。良かった良かった。

元プロバスケットボール選手で現在パーソナルトレーナーのTS君も事業主としてクライアントを増やしまくっている一人だ。夢に向かってまっしぐら。そんな形容がぴったりの彼もよく相談に来るし、いつも具体的な問題意識を持っている

タイプは皆違うが、共通しているのは…
◆自分たちが長くやって来たから、というだけの先入観で固まらずに「正反対の理論」や「気にも留めて来なかった着眼点」に触れた時に受け入れて咀嚼できる
ってことだ。

よくも僕の毒舌トークの中から真実に気付いたものだ。偉いなあ。ビジネスも成功する筈だよ。


武器として使っていただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>