天使の美脚塾・・・

東京女神『アンナの美Viスタッ』

に紹介された『天使の美脚塾』だが、

お陰様で好評を博している。ご購入後もしっかりとフォローさせていただくし、随時最新の知見を求めて研究にも勤しんでいる。「足裏からみるコンディショニング」はその成果の一つとなりつつある。慎重に進めて行かなければならないけどね。

今日は購入者フォローのメールを紹介しておきたい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ABCDEF様


ご質問ありがとうございます。以下回答です。ご参考ください。

質問1★『天使の美脚塾』はやはり脚が特別細くなるようにプログラムされているのでしょうか?それともあえて、“美脚塾”という名前にされているだけで、このまま全体痩せ用に使っても効果は得られますか?
回答1☆→
体脂肪ということに関しては、運動の種類を問わず、全身から減っていきます。ただし、食事法と合わせなければエクササイズだけではあまり効率的ではありません。また、美脚塾は脚のサイズダウンを第一義に考えた教材です。効果が出やすいのはやはり脚ですね。しかし、運動不足にある方や極端に体力不足の方の場合には、十分に効果があると思われます。


質問2★女性のダイエットには、(特に産後。産後9カ月の私自身。)骨盤矯正は必須かと思っていたのですが、本プログラムを行うことで骨盤も正常な位置に戻る、というような効果はありますか?

回答2☆→モデルさんのフォームに忠実に近付ける努力をすれば、骨盤の「前後の」傾き具合については正常に近付くでしょう。ただし、ストレッチや鏡を見ながら意識することなど、プログラム以外の努力も相応に必要になると思われます。また、骨盤を矯正するような効果を過分に期待することは厳禁です。ご注意ください。


質問3★このエクササイズは、いつまで続ければ良いのでしょうか。半一生するぐらいの気持ちでないと、一度絞られた体を維持するのは難しいですか?

回答3☆→筋肉を維持するための考え方として、ルーの3原則というものがよく説明に使われます。それは…
◆筋肉は使わなければ退化する。
◆筋肉は適度に使うと発達する。
◆筋肉は過度に使うと障害を起こす。
というものです。止めたらまた元に戻るのは避けようがありません。継続するしかありませんね。


質問4★リンパマッサージについて。これは単なる持論ですが、オイルやボディクリーム(サプリメントも含め)など、体に対し補助的なものを外から使うと、体が中から出してくれていた油分が減ってしまうように思えて、今のところサプリやダイエット食品、美容製品などには頼らず、食べ物や生活習慣で体の中の本来の機能?のようなものに働いていただく、という習慣をとっています。

まだ30歳手前だからというより、自分と同じような食生活を何十年もされている知り合いの農家のおばあさんたちの肌はピカピカぷるぷるなので、このままでいいかなあと。

そういう意味でも、そのような自然な力をよりアップさせてくれるリンパマッサージは進んで行いたいのですが、洋服の上からだとやはり摩擦で肌がガサガサになってしまいます。
クリームなどをつけないで行える工夫はありませんか?

たとえば、もむだけではだめでしょうか?さする動きが必要なのであれば、やはり何かしらは必要ですね。
回答4☆→
揉むだけでも効果はあると思います。また、自然なあり方を堅持されるのもありだと思います。ただし、私が教材で紹介している方法は、自分でやるという点で最も効率が良い方法です。オイルも完全オーガニックで肌の乾燥防止、保湿維持、リラクゼーションを考えたものです。某大学医学部では高齢者入院患者の痒みと乾燥肌の改善に使用されています。状態が改善されたことは学会でも発表され、論文にもなっていますが、自分が元々持っている回復力や機能が低下したという報告は一件もありません。

質問5★ウエストを集中して絞りたいのですが、天使の飛脚塾と合わせて、コアリズムや、カーヴィーダンスのようなウエスト絞りプログラムを並行して行っても支障はないでしょうか?
回答5☆→全く問題ありません。無理をしないように
頑張ってください。


天使の美脚塾
塾長 森部昌広

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

毎日こうしたメールサポートをさせていただいている。いっそのこと久々に本を出版するかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>