運動の指導者として存在し続けるために・・・

今日はJr.スポーツ塾の11月開講クラス体験会だった。
このクラスは他社との連携による新しい取り組みだ。
したがって、私めが担当させていただいた。
年齢・性別・体力レベル・運動センス・スポーツ経験がバラバラの子どもたちが28人集合した。

本人たち自身もやる気満々で意欲的だった。
保護者各位も個別質問を沢山準備しておられた。
当たり前のことながら、それら全てに対応できてこその「プロ」だ。

◆うちの子は
走るのが苦手なんですがどうにかなるでしょうか?
◆うちの子は野球をやっているんですけど
野球に特化したクラスはないんですか?
◆今日は上のお兄ちゃんについて下の
年長組の妹が参加していたんですが無理はないでしょうか?
◆別のところに
一年間通っていたのですが特に足が速くなった訳でもなかったのでやる意味があるのかどうか分からなくて…
etc.


質問には分かり易くジェスチャーを交えて面白く、しかし真剣に答えなければならない。
また、職業柄「やってみせる」必要性もある。
日々研鑽は当然のことだ。

その結果を子どもや保護者に受け入れていただけるかどうか、
◆運動指導の内容と効果
◆教育的配慮
◆偽りではない事実=実績

その全てを1時間という体験会の中に全て落とし込まなければならない。

プレゼンターとしての能力も重要である。

こうした緊張感が自分を成長させてくれる。
後進の仲間にもそこを学んでもらいたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>