久しぶりに記事を書いてみることにした。

記事の更新をストップしている間にも相応の出来事はあるもので、
◆インターハイ出場チーム・個人の指導(フィジカル&ニュートリション)
◆全日本Jr.出場選手の指導(メンタル&フィジカル)
◆全日本選抜出場選手の指導(フィジカル&ニュートリション ※棄権)
◆エグゼクティブクラス新規ご入会
◆100Natural Dietトライアルスタート
◆美脚塾トライアルスタート
等があり、現在も指導中だ。

ノウハウが評価され、もしくは再現性が確認されていくことに喜びを感じ、ますますモチベーションが高まってくる。

そこで、自分のことだけに専念しておけば良いものの、様々な方面からトレーニングやコンディショニングに関する質問が入ってくると、どうしても反論してしまいたくなるので面倒だ(笑)。

最も意味が分からないのは、指導を受けに来ていながら、
「○○って成長ホルモンをたくさん出すから効果的なんですよね?自分はあれで結構変わったんですよ」
となんて言う人。その真偽がどうかというよりも、日本語的に突っ込みたくなってしまう。
(変わったんならそれで良いじゃないか。何しに来たの?)
と。

でもこういう事ってフィジカルトレーニングのことだけじゃなくて、ダイエットやメンタルトレーニングにも共通しているんだよ。

僕なら・・・
◇これまでに○○から○○までの○年○ヶ月の間、○○をやってきて、○○な成果を出すことが出来ましたが、○ヶ月前から伸び悩みで困っています
位を伝えるところから始めるんだけどね。

ちなみにトレーニングプログラムなんて今日の今日で出来上がるものではない。最適なトレーニングプログラムはある程度の期間観察して体の反応を観ながら決めて行くものなんだよね。それを理解しておかないと後々面倒なことになるぞ。同業者の皆さんご参考いただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>