弟子からのSOSは至極当然のことだ・・・

「(少年野球やってる)子供達が熱で倒れて着替えもさせずに少し休まされただけで、『もう良いだろ(試合に)出ろ出ろ!』って言われて・・・」
と困り果てた顔をして相談に来た。


少年が最も多く搬送されている実態に目を向けよう。


悪夢が蘇る。
某高校のある球技部で熱中症対策のセミナーを依頼されて、暑い中現地へ出向いて詳細に解説したのにも関わらず、その1ヶ月後チームから死者が出た。
死因は熱中症。

高校生の体格でも起きたこの事故は、完全に指導者の認識不足、時代錯誤が原因である。
どういう訳かこの部の指導者は監督責任を問われなかったが、監督という立場にあって実際に言い訳は立たないだろう。
せめて良心の呵責に苛まれて生きてもらいたいものだ。

ところで、冒頭の相談に対する回答だが、下記の理由から解決は難しいと言わざるを得ない。
◆監督、コーチがボランティアで指導に当たっている。
→普段は保護者の方も「暑い中お疲れ様です」なんて気を遣っている程だ。
◆上位組織の連盟や協会の指導力が低い。
→指導細則や罰則規定が無い。
◆指導陣の権限が強い割に、彼ら自身に最新情報や自分たちに不足している情報を補おうという感覚が希薄である。
→熱中症対策セミナーなんてのは毎年どこでもやっているが受講者は限定的で、真っ先に受けるべき現場の指導者が受けていない。

このような状態では外部のトレーナーやフィジカルコーチ辺りがいくら異を唱えたところで煩く思われて嫌な顔をされるのがオチである。少し冷たい言い方であるが、そのチームから死人もしくは意識不明の重体など、深刻な犠牲者が出るより外に改善のタイミングは来ない。

もちろん、それでは遅過ぎるので、
◆わが子だけは万全の対策を講じるか?
◆監督・コーチと衝突し、チーム内で浮きながらでも理想の状態に持って行くか?
どちらかを選択しなければならないだろう。

さて、あなたならどうするか?
少年スポーツの現場で今後増えて行くことが予想される事故だけに真剣に考えていただきたい。

明善高校ラグビー部にて・・・

旧知の藤山卓也先生の勤務する明善高校ラグビー部にて「アジリティとクイックネス」をテーマにしたトレーニング指導の時間をいただいた。その際に私が話したことをきっちりとご自身のブログ(Club Hot Man)にアップしておられたので拝借させていただく。
※熱いブログなので涙腺が弱い方はご注意。そして「藤山卓也」という人間に会ってみたくなることは必至なので予めお断りしておく。

40秒。その2.5%が1秒。ただ漠然とやるのか?この2.5%に意識を向けて(全力を)出し切るのか?そこがトップアスリートとそれ以外の違いだ。40秒を切るか、切らないか?ラグビーにおいて乳酸耐性はとても重要だ。耐性が低いと粘れない。その粘りをつくるのはどれだけ動かなくなる感覚を経験するかだ。2.5%に拘った者がトップに上がれる。君たちは進学校で毎日7時間授業。平日は、やれても2時間の練習。だったら余計に拘った練習をやらなければ成果は出ない。そんなトレーニングを積み重ねてください」
と。僕が喋った言葉をそっくりそのままアップしてあったのが凄い。チャンスを逃さない意欲と集中力を感じた。

僕の指導では「1%」とか「2kg」とか「3秒」とかいう数字をイメージで使うのではなく、物理的(力学的)に具体的な事例やシーンを取り上げて解説するのが特徴の一つだ。それを理解していただけて嬉しい。

そして次の目標はそういう指導が出来る指導者を育てることである。NCCAでも意識的に取り組んでいかなくてはならない課題だ。


月一回でも本当の筋トレで追い込んでみよう♪

男性でも女性でも。
少なくとも、
◆健康に関心を持ち
◆美容やファッションに興味があり
◆若々しくいたい
と思うなら必須条件だ。

一方、上記のような気持ちを持ちながらも
◆飲酒
◆喫煙
◆高脂肪食
◆ジャンクフード
◆運動不足
がやめられないあなた、願望が叶うことはない。
残念だ。

僕がプロデュースする渡辺通ジムには所謂「月一」部員が増えている。
先ずは「好きになる」ことから始めて、
少し「手応えを感じ」て、
やがて「本腰を入れる」といった流れだ。

半年すれば大抵問題は無くなる。
経験上の話で科学的なデータとは言えないが、
大きく違ってはいないはずだ。

ちなみに…
我が国では「経済的ゆとりが低い層に肥満が多い」ことが分かっている。
少しでも奮起していただける材料になれば幸いである。

久しぶりに記事を書いてみることにした。

記事の更新をストップしている間にも相応の出来事はあるもので、
◆インターハイ出場チーム・個人の指導(フィジカル&ニュートリション)
◆全日本Jr.出場選手の指導(メンタル&フィジカル)
◆全日本選抜出場選手の指導(フィジカル&ニュートリション ※棄権)
◆エグゼクティブクラス新規ご入会
◆100Natural Dietトライアルスタート
◆美脚塾トライアルスタート
等があり、現在も指導中だ。

ノウハウが評価され、もしくは再現性が確認されていくことに喜びを感じ、ますますモチベーションが高まってくる。

そこで、自分のことだけに専念しておけば良いものの、様々な方面からトレーニングやコンディショニングに関する質問が入ってくると、どうしても反論してしまいたくなるので面倒だ(笑)。

最も意味が分からないのは、指導を受けに来ていながら、
「○○って成長ホルモンをたくさん出すから効果的なんですよね?自分はあれで結構変わったんですよ」
となんて言う人。その真偽がどうかというよりも、日本語的に突っ込みたくなってしまう。
(変わったんならそれで良いじゃないか。何しに来たの?)
と。

でもこういう事ってフィジカルトレーニングのことだけじゃなくて、ダイエットやメンタルトレーニングにも共通しているんだよ。

僕なら・・・
◇これまでに○○から○○までの○年○ヶ月の間、○○をやってきて、○○な成果を出すことが出来ましたが、○ヶ月前から伸び悩みで困っています
位を伝えるところから始めるんだけどね。

ちなみにトレーニングプログラムなんて今日の今日で出来上がるものではない。最適なトレーニングプログラムはある程度の期間観察して体の反応を観ながら決めて行くものなんだよね。それを理解しておかないと後々面倒なことになるぞ。同業者の皆さんご参考いただきたい。