これで最低レベルだ・・・

職業的にスポーツやフィットネスの現場に指導者として関わって行こうとするならば、最低限度身に付けておかなければならない技術と知識がある。
もしそれがなければ、独立したところで「開店休業」の憂き目を避けられないだろう。

・料理人
・内装業者
・美容師
他業者でもそれは同じだ。

そう言った意味では少しこの世界は甘いように思えてならない。
普通、専門職に就こうとしたら、一定期間以上の見習いを経てしかるべき段階でGO!となるものだが、それがあってないような世界だ。

城を構える訳でもなく、

フットワーク軽くフリーで・・・
と爽やかで明るさはあるが、
重みはない。
稼ぎも大したことはない。
日暮らしがやっと、という人も少なくない。

これでは良い人材が育つはずもない。

これを変えたいねどうにかして。
そのためにはやはり武器が必要だ。
ターゲットを絞り込んで、
その層のニーズやウォンツにインパクトを与える回答ができるような。
・Jr.
・ティーン
・社会人
・男性
・女性
・トップアスリート
・ノーマルアスリート
・疾病予備軍
・高齢者
・ビジネスマン
・エグゼクティブ
・芸能人・タレント
・モデル
・同業者
・周辺業者
・ダイエット・シェイプアプ
・・・etc.
絞り込みはきつい程良い。
ぶれないからね。


誰にでも対応するのは実は相当ハイレベルだ。
経験なくして誰にでもできることではない。
だから、自分のために絞り込むのよ。
すると、ユーザーも分かりやすい訳さ。
それが出来ているところは上手く行ってる。
見直してみる方が良いだろうね。

NCCAではそういう相談にも対応しているよ。

「求職者支援訓練制度」を利用しても・・・

実際に開講に漕ぎつける業者は少ないのだそう。
多くの業者さんは20%程度しか人が集まらないらしく、
そのような情報を見聞きする度に…
(うちは大丈夫か?)
と不安がよぎっていた。
だって、折角興味を持ってハローワークの窓口に行っても、
あれこれ難癖付けられて心が折れてしまう人が続出する有様だったのだ。

「何のための支援か?」
と腹立たしさもあったが、
考えてみればその程度のことで根を上げるようではどの道務まらない。
また、国家予算を使う訳であるからこうした淘汰はある意味当然か、とも開き直った。

とはいえ、人が集まらないではどうしようもない。

しか~~~~し、である。
NCCAの事務局スタッフは凄過ぎる。
最高だ。

何だかんだの力技で開講を決定させた。

お返しは、そのスタッフとうちを希望してくださった皆様のために最高の講義をすることしかない。

そして、人材を人財化していくことだな。
そういった点では毎月の勉強会も更に充実させていく必要がある。
講師陣にもっと頑張ってもらわなくてはいけない。
まあ一番の責任は私にあるのだが。

今回開講する講座は、「アシスタントトレーナー養成」となっているが、中身はガチガチのピン養成だ。アップグレードの認定資格にも繋がるように構成されているので、頑張って現場に一日も早く立てるように成長してもらいたい。

出番はたくさんあるぞ。
これはアクシオン福岡での体力測定会での1シーンだが、異なる種目、学年、キャリア、性別の子どもたちが対象となった。
こうした場で臆せずに「目的を明確に伝え」「ウォームアップから種目説明まで正確に行い」「安全に当日のピークを引き出す」対応が出来れば80点。「笑顔を引き出す」ことが出来れば90点、「1ポイントレクチャーで“来て良かった”と思わせる」ことが出来たら100点だ。

全員が100点を取れるようになるには時間がかかる。
なんてことを言ってられない。
子どもたちはすぐに大人になってしまうんだよ。
全員身も心も引き締めて臨んでもらいたい。
我々は”最高”を目指す集団なのだから。

疑問・不安は新鮮なうちにNCCAコンディショニングセンター福岡南まで。
100%対応させていただく。

Jr.運動天才塾とは・・・

NCCAコンディショニングセンター福岡南を会場として毎週日曜日に開催されている定例講座である。

指導に当たっているのはGET朝倉店長の小野寺京介講師だ。
(後ろ姿が真剣さを感じさせるだろう?)

毎週見学する訳ではないので子どもたちがどのように進化していってるのかは不明なところもあるが、それだけにたまに会った時の変化には目覚ましいものを感じる。まあ、これで一年もすると何か発表会でも企画してあげたくなるよね。

心技体いや、順番からすると体技心かな。彼ら個人個人がこの3要素でバランスがとれるようななった時を想像すると今から待ち遠しい限りだよ。

スポーツ日和?

皆さんは連休中をいかがお過ごしだろうか?
長い所では9連休の所もあるらしいね。
俺がそんなことをすると心が死ぬだろうな。
慣れてない。

そういった訳で個人的には事務所でこれから資料作成をするのだが、
座業は退屈なので時々息抜きのトレーニングを織り交ぜるのはいつもと同じだ。

体重を使った運動をメインに力技をいくつかやってみようと思う。

□倒立

□脚上挙


目標は↓のレベルだ!

□ドラゴンフラッグ

を少しやって
□Windmill

□Flare

の入りのところまでできれば良いかな。

体の仕組みと力学を理解すると・・・

運動は上手になる。
少なくとも上達しやすい状態にはなる。
もっと早く気付いていたらなあ・・・
なんて思うこともないではないが、
今は今で変化を感じ取れているので腐ることはない(笑)。
同年代地域No.1位は楽勝だ。
歳を取ると
・心肺機能
・内臓機能
・神経機能
・筋機能
いずれも低下もしくは悪化するもの。
神様が万人に与えた宿命である。
生まれたら死ぬ。
それは避けられない。
その中で神の仕組みに反逆の狼煙を上げているのが私だ。
筋トレにこそその可能性はある。
昔できなかったことができると驚くが、
<ストレッチも>

<ボディコントロールも>

度々それを体験していると
「人間の限界ってどこにあるんだろうなあ」
なんて夢みたいなことを普通に思うようになったりするのだ。
君もこっち側で生きてみないか?

世界ジュニア選手権日本代表選手内定・・・

先日行われたクイーンズカップとジュニアオリンピック女子48kg級優勝がもたらした次への切符だ。

「世界」に挑戦できるだけでも素晴らしいことだと思うが、今はそれを「狙って獲る」時代。そのために選手の頑張りは当然だが、指導人やサポーターにも存在理由と意義があり、しかも大きいのだ。
どこまで責任を持てるか。

目下のところ・・・
■減量と調整
■運動能力改善
■運動方法指導
がメインの仕事だが、選手各位(入江選手に限らず同じチームで練習中の選手全員)のモチベーションが上がってきて質問の内容もグレードアップしてきた。

「森部さん、崩しの時に肘から先をよく使うんですが、どういうトレーニングをしたら良いですか?自宅でできる方法を知りたいんですけど」
「クラッチを切られないためにはどういう力が必要ですか?」
「ローリングで上手く相手をコントロールするためにはどこを鍛えたら良いですか?」
なんてことを聞かれるようになってきた。完全にレスリングの話じゃないか。


対応するためにはもちろん研究が必要だ。
面白いなあ。
退屈する暇が無いよ。

来月は19・26日が指導日になっているので選手が驚くような回答をしてやろうと思う(笑)。
ちなみに昨日は全員体力的にはへばり切ってしまったが、目は生きていた。
夏が楽しみだ。

微妙な変化に気付けば、それが次の努力へのモチベーションとなる・・・

それは、スポーツでも勉強でも、ダイエットでも同じだ。
それを次のメールで改めて実感した。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

森部先生

お世話になっています。
実行21日目の#$%&と申します。

実は、10日ほど前から体調を崩し、思うような実行ができませんでした。
重症のセルライトですし、体調も今一つのせいか、すぐに効果が出たとはいえないペースですが、以前ダイエットすると落ちていたところのサイズは殆どそのままなのですが、その代りおかげさまで以前どう頑張っても落ちなかった足首とふくらはぎが落ちてきました。この効果にはとても驚きました。ありがとうございます。 
まだ体調も本調子ではなく、そんなに頑張っていないのですが、
食事指導がとても参考になり、胃の不調も改善されてお腹周りもコンスタントに少しずつ減ってきました



以前何度も行った「食べない系」のダイエットで5キロ以上の減量でも全く減らなかった脚の部位が減り、とても感激しております。
(注:足首とふくらはぎのことだ)

この運動(注:MSPPのこと)を習慣にできれば、何度も繰り返したリバウンドからも解放されるのではないかと期待が膨らみます。

初めから張り切って頑張るつもりでしたが、思わぬ体調不良に見舞われたことで、却って落ち着いて冷静に取り組めるのではないかと都合よく思っていますが、残念ながら体調不良で順調に実行できなかったため、少し遅めの変化なのかも知れません。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

結果は必ず出るものである♪諸々考え物だね。



NCCA認定フィジカルトレーニングコーチBASIC最終講義・・・

テーマは「ケガをさせない指導心得」
NCCAが最も他と差別化を図る点だ。
目の付けどころとフォロー体制が違うぞ。
そういうことを伝えたくて語った。

皆さん真剣なので遣り甲斐もあるし、進めやすい。

そのせいか、ついつい熱がこもって気付いた時には終了時間を30分超えていた。
更にそこから個別質問を受けて全体終了は23時に。
実に90分の延長だったよ(笑)。

後は1か月以内にペーパーテストがある。
そして合格していれば認定書および会員証の発行となる。
それを携行して現場で指導に入っていただければ良い。
数をこなして立派な指導者になっていただきたい♪
困った時にはセンターへどうぞ。

「痩せる=引き締まる」のにはいくつかのパターンがある・・・

クライアントからの質問やデータを詳細に見て行くと、やはり色々なタイプがあるね。そして、ご本人は「一刻も早く」と焦りがあるんだろうけれど、タイプに応じて無理なく進めないと「リバウンド地獄」にはまり込むことになるので要注意だ。今日届いたメールでは・・・

◆毎日の食事回数(間食[菓子類]含む)

→4回/1日平均
◆毎日の主な食事内容
 朝→サラダ.おにぎり.味噌汁
 昼→サラダ.炊き込みご飯.鶏肉の炒め物
 夜→海藻サラダ.豆腐.鶏のささみ
 間食→ナッツ類数粒

◆毎日トレーニングに取り組める時間
→40分できる/1日平均

開始14日目の情報
★体重
開始前48.5kg → 14日後47.5kg
★ウエストの周囲
開始前64cm → 14日後63cm
★ヒップの周囲
開始前92cm → 14日後91cm
★太ももの周囲
開始前52cm → 14日後52cm
★ヒザ上の周囲
開始前34cm → 14日後34cm
★ふくらはぎの周囲
開始前32cm → 14日後32cm
★足首の周囲
開始前20cm → 14日後19.5cm
★食事で改善できたポイントと、まだ改善できていないポイントは?
アドバイス通り、噛む回数を増やして、食事の前後30分間は、水分を摂取しないように気をつけています。栄養分も、気を使っています。

赤字はダウンを示しているが、ご本人は納得が行かないのと、結構本格的に自主トレを含むダイエットに取り組んでいるつもりなので壁にぶち当たってある。

しかしである。
実際はこれでも上出来なんだな。食事量の制限は一切加えないようにしているので、摂取カロリーは変わらないのに9000kcalのエネルギーは使用されている訳だからね。

これを続けて行くと希望の脚痩せ段階へと突入する。

つまりこの方は「お腹→お尻→脚」(WHL)型なんだ。
「脚→お腹→お尻」のLWH型とは痩せて行く順序が違うってこと。

大事なことは導入の二週間で自分のタイプを見極めてストレスを抱えないようにすることだ。ちなみにこの女性はBMIは19代であり、やせ型に類する。簡単に希望が叶わなくてもある意味当然だね。

これを機に筋トレで脚を引き締めて本気でかっこ良くなっていただきたい。


新しいサービスを始めようと思う・・・

渡辺通でね。
ダイエット&シェイプアップ専門コースだ。
男女不問なり。
現状明らかに太っていてガチで減量が必要な人に限定なので予めご了承いただきたい。

□これまでに痩せたことが無い

□過去にリバウンドを経験している

□何を試してもダメだった
□BMIが26を超えている
□WHRがメタボレベルを突破した

□食欲が止まらない

□そんなに食べているわけではないけれど異常に代謝が悪い
□人生止めたい
そんな人には朗報だろう。

費用は・・・
入会金2000円+毎月16800円
この中に
・毎月のサプリメント代(指定あり)
・トレーニング実技指導
・デイリーメールフォロー
が含まれている。

今回のサービスはこれでダメだったらもう入院・治療しかないってレベルのものだ。
本気の方はまずご相談を♪