子どもは可愛い。。。

今日はNCCAの体力測定&記録改善会だった。
参加者は小学2年生から中学2年生までと幅があり、
競技種目も水泳、ソフトボール、野球、陸上競技短距離&跳躍とバラエティに溢れていた。
前回行った測定項目の中から3種目を抽出し、
3つのグループに分かれてNCCAのPTC有資格者がコーチングを施し
それで記録が改善することを体験してもらうイベントだった。

結果は・・・
1名を除いて全員に記録改善が見られ、
中には大幅な記録更新をして自身が驚く子供たちも少なくなかった。

ただし、コーチングスタッフのスキルにはまだまだ大きな差があるためここは勉強会を重ね、
コーチングパフォーマンスの再現性・統一性を高めて行く努力が必要だ。

そういった意味ではこのような機会を持つことは非常に重要だ。
中でもティーチングとコーチングを区別できずに、限られた短時間の中にティーチングを施してしまうシーンが見られたのでそこは早急に改善が求められるところだろう。

まあ、有資格者と言えど最初はついつい多くを「説明したがる」ものだ。
場数を踏んで成長して欲しい。
フォローは私がするのでね。

断言しよう!
神経系の改善に関することなら今、その場でパフォーマンスを改善できる。
それが私のノウハウだ。

ところで、終了後の子どもたちはどんな表情をしていたのか?
こんな感じだった。

なぜガムテープで口を塞いだのかは謎だが・・・

あどけないよね。
スポーツは遊びの延長線上にある。
そんなことを思わせてくれる子どもたちだった。
ありがとう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>