悩み?・・・

私に会う方の多くが「いつも元気ですね。悩みなんてないでしょう?」とおっしゃる。そう思っていただけて光栄だ。演技が冴えているってことだからね。

実際は悩みはあるよ。
■筋トレの時間が思うように取れない
■メンテナンスの時間が思うように取れない
■勉強の時間が思うように取れない
ということだ。

要するに私の場合には「時間」が人生の豊かさの鍵を握っているんだね。

この時間を捻出するためには
■全ての速度を上げる
■全ての技術を高める
ことが不可欠だ。

でももっと大事なことは何もしていない時の頭の中の活動をコントロールすることだ。つまり行動を起こす前から・・・
■計算して
■策略を練り
■結果を予測して
■対策を講じておく
という具合だ。

そこで悩みの種の「筋トレ」だが、実は私の肩は幼少の頃から脱臼癖があって、非常に収まりが悪い。ルーズショルダーというやつだが、こいつが厄介なもので上肢に限らず下肢の筋トレをする際にも色々な「制限」を加えて来るんだ。

もっと思い重量を使いたくても
■痛み
■不安定さ
がNGを出して来る訳。

それを認めたくないから何だかんだ工夫してできることをやっている訳だな。今のモチベーションはどうしても達成したい体技があって、それをやってみたいからストップする訳には行かない。

正直47歳から始めてできる人間がいるのかどうかも怪しいが、
■チャレンジはするためにある
■負荷はかけるためにある
■後悔はしない方が良い
ので頑張ってみるのよ。

ベンチプレスなんて重いのが扱えなければ全然面白くないのだけれど、それでも工夫しながらやっているよ。


プロボクサー向けのトレーニング・・・

フェイスブックのお友達である太田さんの依頼を受けてトレーニング指導させていただいた。概ね3~4週間のプログラムでプロボクサー仕様だ。

目的は・・・
■フットワークの改善を行うための体づくり

■パンチ力を高めるための補強

である。

最初からフットワークメニューを組まないところに意味がある。
元々ジムワーク(ボクシングジム内)では嫌でもフットワークを行っているので、そこに増やすだけでは疲労を助長するに過ぎない。
※割とその道のプロを名乗る人たちでも間違いを犯しやすい所なので注意してもらいたい。

そういったことを踏まえてプログラムの解説と指導をさせていただいた。
終盤は酸欠であくびが出始めた太田さんだったが、さすがに8回戦のプロボクサーだ。
根性で完遂されたのには頭が下がる。
(ちなみに昨晩はお酒をかなり飲まれていたそうだ。FBで後から知った。)

明日は少なからず筋肉痛や張りが残るだろうが、ストレッチやマッサージも併用しながら体は動かしてもらいたいものだ。


これも毎日必須だ。


次回のバージョンアップまでに今回のテーマである□□□をしっかりトレーニングして全盛期の動きを早く取り戻していただきたい。ちなみに次のプログラムは既に準備している。大いに期待していただきたいと思う。

見学・体験受付中 H&Vメディカルフィットネスクラブ・・・

福岡市博多区中呉服町3番15号に居を構える博多心臓血管病院は、H&Vの略称で地域に親しまれ信頼される病院として昨年9月1日にスタートした。

そしてこの病院ではフィットネスクラブが運営されていて、私が顧問を務めている。今日は17時からスタッフミーティングが開かれた。

報告された内容は・・・
■月別利用者人数と区分け
■利用者の声
■イベント運営状況
■広報活動
についてだった。

まだスタートしたばかりなのでスタッフ一同手一杯の運営状況であるのはやむを得ないが、そんな中でも素晴らしい成果が報告されたので紹介させていただく。

・歩くのが速くなった。
・休憩しなくても歩き続けることができるようになった。

・プールに一年間通っても治らなかった腰痛が改善された。
・階段の昇降で手すりが不要になった。

・ゴルフでコースを回る時にカートが不要になった。
・血管年齢が改善した。
・コルセットなしでは歩くどころか立つこともかなわなかったがコルセットなしでも少し歩けるようになった。

・ゴルフのスコアが改善した。
・・・etc.

ちなみに対象者の年齢は75歳~91歳までの後期高齢者である。しかもこの方々は顔出しOKとのことなので正式に取材を申し入れて後日改めて紹介させていただきたい。

それにしてもやっぱりフィットネスは良いなあ。そのうち後期高齢者群にもMSPP

に加えて“筋トレ”をさせよう。きっともっとすごいことになるだろう♪

ちなみにうちでは加圧トレやスロトレなんてやってないよ。詳細はご見学時に♫

お腹を引き締めたいのなら腹筋をしてはいけない!

驚くなかれ。
理由は簡単だ。

え?
そんなこと誰も言ってないって?

それがどうしたの?
誰かが言ってることだけが真実なのだろうか?
そんな馬鹿なことはないよ。

誰かが言ってても間違いは間違いだし、
誰も言ってなくても真実は真実だ。
常識になるには時間がかかるかも知れないけどね。

まあ、そんなことはさておいて今日の本題に入ろう。
筋トレをすれば筋肉は肥大して断面積は大きくなる。
これが絶対の真実だ。

特定の骨格筋に対して与えられる物理的な負荷が「適応」という名で筋の成長を引き起こす。
この理論が導く結果には
■単位面積当たりの筋出力向上
■筋断面積の拡張
の2段階があり、その程度に影響を与える要素には
□栄養
□休養
□回復
□開始時の体組成
等がある。

これらのうちで
「筋トレを開始してサイズが小さくなりました」
という回答ができる方は
◆スタート時点で皮下脂肪が相当蓄積していたか
◆スタート時点で筋肉の中に脂肪が霜降り状に相当入り込んでいたか
のどちらかである。

筋肉だけに照準を絞るのであれば、
「筋トレをすることで筋肉は大きくなることはあっても小さくなることはない」
のである。

したがって、
◇食事や
◇総合的な運動量や
◇リンパケア
等も含めた取り組みをしていかなければ
「細くすることは叶わない」
と正確に認知しておかなければならない。

これ以外の期待を持たせるような全てのセリフは甘言に過ぎないのだ。

あなたの目標が仮に
「お腹を凹ませて脚を細くすること」
であるならば、少なくとも反復するタイプの腹筋運動は時間的・労力的に「無駄が多い」のである。

そんなことよりも下の写真のようにお腹を凹ませてそれを立っている時も座っている時も「持続している」方が100倍は効果的だ。お腹周りの筋肉は持久性が高いのでそれをターゲットにしなければならない。



そしてこの様にお腹を凹ませて行うのであれば全てのトレーニングが有効になる。
相当な「コツ」だが、知らない人や知らない指導者がごまんといるのだから驚きだ。

このお腹を凹ませた状態で・・・













を行うとその日のうちにウエストや太もものサイズダウンをmm単位ではあるが実感できる。
継続さえすればみるみるうちに変わるのが請け合いだ。

本気なら「正しく」取り組もうね。

NCCA認定フィジカルトレーニングコーチ養成講座スタート

2月14日から4月28日までかけてフィジカルトレーニングコーチ(PTC)の資格認定講座を開講する。Jr.からトップアスリートまで対応できる内容だ。不足する部分はNCCA定例の継続勉強会でフォローしていく。何しろ人手が不足しているのでまずはスタートを切らなければならないのだ。



参考までにコンテンツは以下の通り。
■PTCの業務範囲と具体的事例
■ウォームアップの生理学的効果と具体的手法

■筋力トレーニングの
生理学的効果と具体的手法 

■ストレッチングの
生理学的効果と具体的手法  
■ウォームアップ指導法
■器具を使う基本的な筋力トレーニング

■器具を使わない筋力トレーニング

■主要な筋力トレーニングとストレッチング 

■補助的な筋力トレーニングとストレッチング
■ ケガをさせない指導法心得


どうだろう?理論と実技を可能な限りふんだんに盛り込んで、即現場で使える最低限度のノウハウをお伝えしたい。応募枠はもう少し余裕があるので詳細は・・・

[一般社団法人全日本コンディショニングコーチ協会]→検索でご確認をお願いしたい。


NCCA コンディショニングセンター福岡南の開業にあたり・・・

本日はJr.アスリートクラスの体験コースを開校した。
19時スタート。

説明することはいつも山ほどあるのだが
■小・中学生混在
■男女混合
■複数競技
のため、「基礎体力」に焦点を絞って説明させていただいた。むろん、保護者に向けてのメッセージも含めたつもりだ。

この時期の子どもたちは何と言ってもゴールデンエイジ世代。教え方一つで将来の競技レベルには雲泥の差が生じる。しかし、それは理解できていても指導者の多くは見かけ上のパフォーマンスのみを追いかけてしまいがちで非常に危険である。

体ができていない発展途上の子どもに「追い込み」型の指導はスポーツ障害を頻発させる。

これで生き残った選手のみをレギュラーに据えて勝っているチームもごまんとあるが、いたずらに戦死者を増やし数量で敵を圧倒する馬鹿将軍

さながらの監督やコーチについたら最悪だ。

よく考えて対処できるようにするには正しい知識と体の動かし方を習得することが最適である。
うちではそういうところを細かく指導させていただくことにしている。


時間は有効に活用すべき!・・・

というのは万事に通じるものだ。
その最大のポイントは、
■早起きすること
と起きた後の
■スターティングスイッチを何で入れるか
ということである。

これについて、私は早起きは一向に苦にならず、どんなに遅く寝ても6時には起きている。これが普通だ。パターンが作られているからだとは思うが、朝が遅い人にどうやってこの爽快感をお伝えして良いのか悩みどころである。

問題はその後だ。従来は洗顔や歯磨きといった生活行動はさておき、デスクワークで頭を働かせていた。それはそれで仕事も捗って良かったけれど、昨年末から早朝ランニングを始めてからまた一つ自分としては進化したような思い込みをしている(笑)。

でも実際に気持ち良いし、午前中は完璧な仕事ができていると実感はあるよ。良かったらお試しいただきたい♪

そして走った後のストレッチで完全に一日のスイッチが入るね。

それから帰宅してシャワーを浴びてさっぱり。どうかな?良さそうじゃない?

今日のパーソナルin 渡辺通は・・・

クライアント様のご都合によりキャンセルとなったので、
私自身のボディメンテナンス日とした。
本当は那珂川で河野店長のメンテを受けるのが一番良いのだが、
前後の打ち合わせ予定等で縛りが出る部分があってどうしても福岡市内でなければ難しいのが玉にきずだ。

■どんなに体を鍛えていても
■どんなにストレッチをしていても
■どんなに食事に気を使っていようとも
疲労は蓄積するものだ。

それが当たり前よ。

車だってそうでしょ?
何でみんな大切な自分の体に優しくしないのかねえ。
一番稼いでくれるのは自分の体じゃないか。
一番お金かけるのはそこじゃないのか?

と、強く思う次第である。

若い時は良いよ。
多少無理してもね。
でも貯金は使えばなくなるんだ。

人間の場合は貯筋と当てておやじギャグっぽく主張しているけど、
じょーだんじゃない。
筋肉は使わないと貯まらないんだ。
同化作用ってんだけどさ、厳しくしごかなきゃ付かない=貯まらない。
ただし、ダメージが残るからリカバリーとリフレッシュが必要なんだよ。

メンテナンスとサプリメントの意味はそこにある。

ベーシックなお奨めパターンは・・・
1)筋トレ
こんなのや・・・


こんなのをやって・・・


たまには叫び、唸り、あ、いつもか(笑)。

2)サプリメント=PEAK POWER

をトレーニング前と後にきっちり取って


(ひどい顔だなしかし)

3)ボディメンテナンス

だ。

それ以上の深い部分をパーソナルでは指導しているよ。


MSPPのメニューは誰にでも簡単に作れるよ♪

私が管理人をしているフェイスブック上のFB かっこよく、楽しく、きれいになるでは、MSPPを軸にした効率良く体を引き締めるためのポージングを日替わりでご紹介しています。

それらを例えば、
1)背伸びのポーズ

2)お辞儀のポーズ

3)座位での前蹴りのポーズ

4)海老型腹筋のポーズ


と並べて順番に行うともう立派に
■お腹を引き締めて
■脚を細くする
運動プログラムになるんです。
注)種目名は一般説明用であり、正式名称ではありません。

MSPPとはMoribe Style Power Posingの略称ですが、
■基本ポージング
■動作バリエーション
■上肢フォームとポジショニング
■下肢フォームとポジショニング
■時間設定
■その他のローディングバリエーション
によって変幻自在な上、完全にマスターできれば老若男女を問わず優秀な運動指導者として活躍できます。

■自身の健康や美容のために
■スポーツ補強のために
■運動指導者としてのスキルアップや指導コンテンツの充実に
大変有効だと断言します。

詳細はFacebookページを検索してください。
指導者を志す人は
一般社団法人全日本コンディショニングコーチ協会 までお越しください。

KBCが受信できる環境にある方は・・・

毎月第一木曜日はKBCラジオ『PAO~N』(パオ~ン)にチューニングして欲しい。昨年の11月から「健康森部塾」ってコーナーをいただいているんだ。

沢田幸二さんと中島浩二さんのWこうじと一緒にお届けするこの時間は、僕にとっては月一の張り合いの持てる貴重な時間。
※出番は14時40-50分前後。生放送のため多少ずれる可能性あり。

映像無しのラジオでは、音声だけで運動指導しなければならないのでかなり気を使わなければならない。とても難しいのだけれど、九州共立大学経済学部スポーツビジネスコース主任のクレジットも入れてもらっているのでしっかり務めさせていただく。

ちなみに次回は2月2日(木)でテーマは「肩こり解消の方法について」だ。あなたの肩こりは3分で消滅するだろう。