WAY大濠フィットネスクラブでのレクチャーを受けたゼミ生たち・・・

昨日、アクシオン福岡の後に向かったのは
◇WAY大濠フィットネスクラブ
だった。ここはJTBの出資で株式会社みんなの体育が運営している新しいタイプのフィットネスクラブだ。“ランニングステーション”的な発想のパイオニアで、大濠公園に隣接するビルに居を構えている。今回は当方の都合で無理を言って研修の場にさせていただいた。

◆最初はWAYのエース久保田さん(クボタン)の指導でランニングレッスンからスタート


◆走り終えて満足顔のゼミ生たち
 

◆スタジオでWAYの設立コンセプトや経営戦略についてのプレゼンを受ける学生
 

◆普段の授業以上に真剣な学生たちの目線(普段からそうしろ!!)
 

WAYの皆さん本当にお世話になりました。

アクシオン福岡施設見学へ学生を引率

今日は九州共立大学経済学部2-4年生の学外研修日だった。
スポーツビジネスコース+αの面々は、
◇福岡県立総合プール・アクシオン福岡
◇WAY大濠フィットネスクラブ
◇+rkb・TNC
を回った。

ここでは、
◇福岡県立総合プール・アクシオン福岡
の写真を紹介しておきたい。

まずは福岡県立総合プールだ。国際大会に対応した50mの長水路と高飛び込み用プール、練習用25mサブプールがある。

◆アクシオンスタッフの方からサブプールの説明を受ける学生たち
 

◆サブプールでは大学生水球チームの練習が行われていた。
 

◆シーズンオフの長水路プールはスケートリンクに変身。熊本大学VS長崎大学のアイスホッケーの試合が行われていた。写真はリンク整備中の風景。


次はアクシオン福岡だ。科学の力で国体選手を支援するというコンセプトで誕生したこの施設は、日本でも有数の最先端スポーツ科学のノウハウを導入している。私は初期の頃からここのトレーニングアドバイザーという立場で関わらせていただいている。

◆平成23年度のタレント発掘事業の測定当日だった。
 

◆今年で7年目になる本事業も順調に進展を遂げているとのこと。オリンピック出場期待選手も複数名出て来ているそう。楽しみだ。


◆メインフロアでセレクションを受けている小学生たち。何人のタレント候補が選ばれるのか?・・・


 





闘うトレーナーとしては・・・

引く訳にいかず(笑)、というか好んでメンバーと一緒にトレーニングしているのだが、今日は最後の腹筋(体幹部)のトレーニングで3倍返しでやられてしまった(爆)。

良い汗かいたぜ♫
1)これは体幹部側面を強化するMSPPのマニュアルレジスタンス


2)皆はこんな感じで3人がかりで押さえに来やがった

 

3)で、えらくきついなと歯を食いしばるどころか唸り声を上げて耐えていたところ

 

4)連中はこんな感じで笑ってやがった


正に和気藹々だぜ♫どMだな。
さあ、これから飯だ。
茶碗持てるかな?…

 

筋肉痛がひどいのだが・・・

もちろん今日も夕方からトレーニングだ。
体の都合よりも時間的な都合を優先させて、
「できる時にする!」のが森部流だ。

大体、一日おきにするのが良いなんて馬鹿な事を真顔で断言する人がいるから驚きだ。
回復速度や運動強度、トレーニング部位などによって体の反応は変動するものである。
また、精神的・心理的なものまで含めると「一日おき」なんてことにはまるで根拠が無い。
そんな下らないことで貴重なトレーニング時間を失わないようにしてもらいたいものだ。

もちろん、オーバーワークには注意すべきだが、
これは実際に体を動かしてみないことには分からない。
やってみてダメージが大きければ・・・
・強度を下げる
・部位を変える
・種類を変える
等の手法でどうにでも対応できる。

したがって、今日もトレーニングを実施する訳だ。

ところで、この子たちは

いつもしなやかな動きをするのだが、不思議だな。筋肉痛でぎくしゃくした動きの猫を見たことはない。種の違いを埋めることはやはり不可能か?なんて馬鹿なことを考えて頭の中にロマンを描いている自分は幸せな存在だ。

マジか?

100%?再発しない?
111106-125428.jpg

大胆過ぎないか?

って言うよりも、何故もっと話題にならないのだろう?・・・
困ってる人が多いのにね。

ニュースになっているのは本当に大事なことではなくて、たまたま記者に「その話」がタイミング良く入った場合のことなのでは?

まあ、この雑誌の記事の信憑性については十分に吟味が必要だけど、調べてみる価値はあるかもね。

本当だったら新聞が取り上げないはずはないだろう♫

福岡マネーボールアワード…

3週連続で喋って来た。
19時10分から20分までの10分間の特別企画コーナーだ。

さすがにTOGGYさん、栗田さんとの連携も向上し、

会話にリズムやテンポが生まれてきたような気もする。
まあ、少し甘い自己採点だが、「楽しむ」のが基本なのでリスナーの皆様に不快な思いをさせなければ「良し!」としておきたい♪

このシリーズは来週が最終回だ。
責任を持って喋りたいと思う。
初心に戻って来週に臨みたい。

KBCラジオPAO~Nに出演してきた♪

昨日の話。
どうやら先月の出演内容について反響が良かったらしく、再度オファーを受けたのだった。
※ちなみに来月もまた出演することになっている♪

パーソナリティの沢田さん、中島さんのWコウジさんのノリが良く、楽しい生番組になった。
今回は「超簡単筋トレ 第2弾」ってことで、椅子に座ってできる太腿強化の仕方他、全部で3種類を紹介した。どれも自宅でできるものばかりだ。

◆沢田さんに手順を説明


◆質問にも丁寧に答えて
 

◆リスナーに伝わるように中島さんの実況を身振り手振りでフォロー
  

◆こうやって効かせるんですよ、とデモも行って・・・

腹筋(群)の鍛え方…

「先生、腹筋

を割りたいんですが腹筋をするのが一番良いんですかね?」
耳で聞くと流してしまっていることも、こうして書き出してみると「日本語として」おかしいことに気付くだろう。

解剖学や生理学、トレーニング理論を知らないのが原因だが、大学や専門学校で学んでも「60~70点以上」取っていれば、単位を取得できる「高等教育機関」の曖昧なシステムは、実践の場ではほぼ役に立たないので注意が必要である。

解剖学上では「腹筋」という筋肉は無い。我々が通称「腹筋」と呼んでいるのは、
・腹直筋
・外腹斜筋
・内腹斜筋
・腹横筋
が「群」となっている胴体部分を総称したものだ。

そして、「腹筋をする」という行為は上記の腹筋群を訓練するために行う、
・シットアップ
・クランチまたはトランクカール
・レッグレイズ
等の複数のエクササイズをすることを意味しており、動かし方や負荷のかけ方によって膨大な量のバリエーションがある。当然それによって導かれる運動の効果も様々だ。

ところで、皆さんが通常イメージされる「腹筋運動」とは、
・床に仰向けに寝て上体を起こす動作を反復するシットアップ

・椅子の上などに足を乗せて膝を90度に曲げて状態を巻き上げる動作を反復するクランチ
だと思う。

もちろんこうした種目も古くから実践されてきて、教科書的に理解されているものなのでそれなりの効果はある。

しかし、
・少しメタボ気味
・体が硬い
・「きついこと」が4苦手
な人にとってはほとんど効果がない。

まあ、やるだけ時間の無駄だ。

・それは何故か?
・ではどうすれば良いのか?
この回答が知りたい方はfacebookかamebloのメッセージ機能を使ってご質問いただきたい。
その際
・身長
・体重
・ウエストサイズ
・柔軟性(立位体前屈で掌が床に着くかどうか)
・今の体型・体重になってどの位の期間が経過しているか?
について入れていただくと、より詳しいアドバイスを「無料」にてさせていただこうと考えている。

こんな質問は初めていただいたのだが…

森部先生

お世話になります。
※※です。男性です。

今回は、MSPP
は男性でも、効果が見込めるのか?

をお尋ねします。

実は、先ほどサイズ計測したところ、太もも47~48センチ、ひざ上34センチ、ふくらはぎ35~36センチ、足首20~21センチでした。男性としましては、それほど太くありませんが、学生時代からテニスをしていたので、ふくらはぎの筋肉が若干ついていて太い程度でしょうか。

太ももなどは、運動をしなくなってから、ずいぶん細くなりました。

しかし、サイズでみると、女性でも、私ぐらいの脚の太さの女性はいくらでもいます。

また、私が筋肉質な脚とはいえ、アスリートの女性に比べれば、筋肉はついていないぐらいだと思います。

ですので、もしかしたら、男性でも、先生のプログラムを実践して、脚を細くすることができるかもしれない!と考えたわけです。

太くない脚ですが、事情がありまして、脚を細くする

必要がありますので、なんとかして、細くする方法がないものかと考え、今回思い切って質問させていただきました。

以上です。^^

是非、ご回答いただければと思います。
よろしくお願いします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

もちろん「できる!」
MSPPは万能なんだ。
apyua

があればもっと良いんだけどね(笑)。
買ったのに使いこなせていない方は残念だなあ・・・