「ええ~っ!まだやるんですかぁ?もう終わりだと思っていたのに・・・」とは・・・

50cmClub

メンバー申請中候補者の声(笑)。
昨日のトレーニングでは背中を1時間弱かけて追い込んだ。

4人で回しているので、どうしてもインターバルが長くなってしまう。
僕はこれが嫌いだ(笑)。

そこで別の種目を間に咬ませて連続セットを組むのだが、これが案外ときついらしく、早い段階から青息吐息となる者が出た。
もちろんメインエクササイズとは違う部位をヒットするものなのでそう大したことはない(はず)。
参加者の悲鳴をよそに
「はい次行こう!」
「よっしゃ頑張ろう!」
「もう一丁!」
でガンガン追い込む。
そして全員オールアウトだった(笑)。

しかし、その後はみんな鏡の前で裸になっていた。
そんなものだよ、結局。
発達する筋肉はエネルギーのリミットを心理面からも解放するものなんだ。

筋トレ後の一枚

久々にGET那珂川店で・・・

トレーニングした。
もちろん道連れアリ(笑)。
やっぱり器具が充実しているので楽しいな。
普段できないこともできるし。


今日は脚を追い込んでみた。
でも写真は背筋のトレーニングでデッドリフト。
ここならではの特殊マシンだ。
(1)体幹部をしっかりと固定し一直線でキープ


(2)(1)の状態からハンドルを引き上げ直立姿勢へ
 

ウエイトスタックの差しピンだけで調整できない分は、写真のようにプレートを追加して追い込むこともできるんだ。
DEAD LIFTって言うだけあって真剣にやらなきゃケガをしてしまう。
強くなるはずだ(笑)。

今日の50㎝Clubは・・・

腹筋と肩と腕(上腕二頭筋)を追い込んだ。
メンバーは終了後ゴロゴロしながら
「アーきつかった」
「あ~きつかった」
「Ahきつかった」
としつこいなあ(笑)。
でも充実の時間を楽しめた。
ノウハウがまたグレードアップしたので、伝えて行かなきゃいけないな。
実験台・・・
もとい、体験者募集中でR♪

今日のカットから2枚ご紹介。
■シュラッグ


■ケーブルカール

内村航平選手が前人未踏の世界選手権三連覇達成・・・

完璧!そう誰もが断言できるほど美しく力強い演技だった。
そしてインタビューでの受け答えや笑顔がまた彼の好感度をアップさせる。

ところで彼は、小学校時代だったか、中学校時代だったか忘れたが、体育の成績で2や3の時代があったとか。

嘘だろ?!

そんな成績をつけた先生、すげえよ!
その時代に5を取っていたお友達、オリンピック総なめじゃねえか。

そう突っ込みたくなる位、内村航平選手は素晴らしかったなあ。

生で観てみたいね♪

最強のサプリメント♪・・・

そう言っても過言ではないような勢いのMAX CHARGEだ。
111012-085248.jpg
今日も2パックをトレーニング指導のついでに届けることになっている。


最近の傾向としては・・・
・競技力が高い
・目的意識がはっきりしている
・本気でエクササイズやプラクティスを行っている
etc.

そういったクライアントさんを中心にヘビーユーザーが増えていることに気が付く。月当たり2パックだ。都合14,700円。決して安い価格ではない。

 

しかし、結局一度使うと体感が違い過ぎて手放せなくなるんだろうな。そこが中途半端でやっている人と本気で取り組んでいる人の大きな違いだと思う。

 

「サプリメント」について・・・
■キャッチコピーだけで見れば巷の商品でも魔法の薬のような錯覚に陥る。
⇒それは完全なる間違いだ。


■成分表示を見ても良いサプリメントは沢山ありそうだ。
⇒その多くは害にも薬にもならない。


■では実際のパフォーマンスはどうだろうか?
⇒MAX CHARGEはこの問い掛けに最も明快な回答を与えてくれる一品だと思っている。市場と流通がそれを証明してくれるのは時間の問題だろう。

 

昨日のトレから・・・

やることはやったよ。
どうやら一昨日のトレーニング後に少々無謀なチャレンジをしたことがまずかったようで、肩鎖関節周辺部を痛めたようだ。
まあ、放っておけば治るだろう。
(僧帽筋と胸鎖乳突筋は相当痛い・・・)

しかし、それはそれとして対策は自分なりに立てて、いつも以上にウォームアップを入念に行った。その後オーバーヘッドプレス⇒ナローベンチ⇒プレスダウン⇒・・・etc.ウォームアップを含めて90分で終了。

■今日はナローベンチから写真を紹介(酷い顔になっている理由は重さより痛みが原因です(笑)。皺が増えそう・・・汗;))
 
 
※顔はアップにしないでください(笑)♪

問題は痛めた箇所がこのトレーニングによってどうなるかだ。
ナローベンチの際にはかなり痛かったからなあ。
しっかりと筋肉だけは解しておこう♪

タイムリーなサプリメント摂取は・・・

ある面で、トレーニング以上にデリケートで重要である。
いくら良い刺激を与えたところで、肝心の材料が無ければ筋肉は作れないし、ハードトレーニングで壊れた筋肉を修復することも叶わないからだ。

その点で最適なサプリメントはMAX CHARGEだと固く信じているが、
 

なんと、切れてしまっていた・・・。
あんなに追い込んだのに(汗;)。
そこで急遽コンビニへ走りWeider Protein INゼリーを摂取。
含有量はかなり落ちるけど無いよりはマシだ。
どことなく目がうつろなのは、正にそういう状態だったから(笑)。

今日は春日で自主トレ・・・

昼間諸事情で食べ過ぎたので、オフを返上して自主トレをすることに。
一人でトレーニングすると甘くなりがちなので今日は少しイメージを高めて追い込むことにした。
メインは「肩」で、僧帽筋と三角筋をそれぞれ追い込むという流れに。

 


その後プレスダウンで上腕三頭筋もついでにパンプアップさせた。
元々の骨格が細いので少し筋肉が付くだけでいびつになってしまうのが面白い。
ほとんどマニアの世界だ。

ところで実は、正式に「皆殺しトレーニングの会」にネーミングを施し、組織化することにした。
基本的にはエグゼクティブ対象の少々リッチな会だが、もちろん情熱と行動の伴った参加者については門戸を開いて行こうと思う。
その会の名は50cmClub(50センチクラブ)だ。


・男性なら首か上腕のサイズを50㎝台に乗せることを
・女性ならウエストを50㎝台にするか大腿部のサイズを50㎝程度に絞ることを
トレーニングの目標にする。
その道は半端ではないので当然ある面ではストイックになり、勉強もしなければならないが、結果的にそのプロセスはエグゼクティブの皆さんにとっては大きくプラスになることは間違いない。

ちなみにこのマークとロゴの原案は森部が行った。

KBCラジオ『PAO~N!』に出演してきた♪・・・


(スタジオ入りしての風景Wコウジさんに挟まれる位置に座る塾長)

ここで事前に告知しておきたかったのだが、仕方ない。
だって、昨日の今日というタイミングだったから(笑)。

「頼まれたら断らない」
「やるからには瞬発力を発揮して」
「相手の都合を考慮して」
という森部流ビジネス三原則に則って決めた。

制作サイドにとっても都合が良いようだ。
打ち合わせもほとんどいらないし、アドリブが利くからとのこと。

(即興でエクササイズを考案して指導する塾長)

幸いにもこれまで色々な場面でテレビやラジオ、講演のお仕事をさせていただいて来たのが役に立っているのだろう。
あまり気負わずに現場に臨めるので自分自身助かっている。

大事なことは
・制作者
・局
・視聴者
・スポンサー
・・・etc.ステークホルダー各位へメリットを与えられるように全力を尽くすことである。

事前に準備をしないでアドリブを利かせるためには、普段から情報収集をして自分の言葉で説明できるように解釈しておかなければならない。こうしたインプットの作業を怠ると表現が薄っぺらいものになってしまうからだ。そうなると次の仕事はもう来ないだろう。

情けは人の為ならずだ。
今後も肝に銘じて精進したいと思う。

(わずか40秒間の意味を体感する沢田さんと指導する塾長)