運動神経を改善するためにどうすれば良いか?・・・

 
基金訓練「スポーツ&ウエルネス実践科」の受講生に“子供の運動能力を改善するためにどこからどのように手を付けて行ったら良いのか?”について講義をしたのは先週の金曜日のことだった。



そして実習対象として協力してくれることになったのは、YOズという伝説の弱小ソフトボールチームだった。



このチーム・・・何しろ歴代の試合結果はまるでラグビーの試合かと見紛う(もちろん負け)と言うからその力量がうかがい知れるだろう。保護者(お母様方)から「何とかなりませんか?」と相談を受けた際に(そんな馬鹿なことがあるか)と内心思った位だった。


しかし、私は・・・
■頼まれたら嫌と言わない。
■頼まれたら引き受ける。
■頼まれたら結果を出す。
というスタンスでこれまでやって来たので今回も引く訳には行かない。
そこでどうしたか?何と言っても難問は「指導現場に立ち会えない=受講生たちが私の代わりに全てを指導する」ことだった。


しかも、YOズは普段は完全ボランティアのお父さん監督・コーチ陣が土日のみ練習に付き合っているだけのチーム。これがお盆休みを挟んで1回分土・日が飛んだので、ここ2週間何もやっていないという。1年生~6年生まで入れて11人のスーパーさわやか過ぎるチームだ。



試合は講義の時点で明日と明後日。最早トレーニングでどうこうできるタイミングではない。そこで私は、ソフトボールの競技特性を考慮して
■反応力改善
■ダッシュ力改善
の秘策を授けることにした。



その結果は・・・何と「優勝」初優勝だ!凄くないですか?対戦相手は「コールド勝ちする」と飲んでかかって来ていたそうだおめでとうYOズおめでとう受講生諸君『事実』と言う『実績』が最高の結果で得られたことになる。次のステージがめっちゃ楽しみだ♪

「運動神経を改善するためにどうすれば良いか?・・・」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>