大学の新入生研修で・・・

杖立温泉まで来ています。
朝食前に全体集合して体操の時間というのがあるのですが、私は今回写真撮影担当なのでゼミ生のYさんとS君に担当してもらいました。
でも・・・
できないもんですね。
見事に。
ああいうインストラクションが特殊技能だということに気づかされました。私は教えてもらってできるようになったクチではないので誰でもできるもんだとばかり思っていたのですが、それは間違いでした。
インストラクターの指導スキルを高める実習をNCCAの資格認定講座の中に入れなければなりませんね。

資格を取得した方には・・・

職業的に活かして欲しいと思います。
NCCAでは現在
・フィジカルトレーニングコーチ(PTC)
・ボディメンテナンストレーナー(BMT)
の認定を行っており、今後も順次
・スポーツ漢方薬膳アドバイザー(SKA)
・メンタルトレーニングコーチ(MTC)
の講座も開講して行こうと準備中です。
そして、これらのうち既にPTC、BMTについてはBASICまでの認定を受けた方々がいらっしゃいますが、職業的に利用されている方は非常に限定的なのが実状です。
認定基準に満ちているからこそ認定を受けたのですから、もっと自信を持って仕事に役立てて欲しいと思うのですが、案外と皆様謙虚な方が多いのかも知れません。
ともあれ、このままでは団体にとっても好ましくはないので、
■認定の基準を厳しくする
■マネジメントとマーケティングの講座を儲けてビジネスのやり方を教える
■協会自身がマネジメントとマーケティングまで行い資格取得者へ仕事を斡旋する
といった対策を講じる必要もあると考えています。
いずれにせよ、2011年度もまた激動の年になるのは間違いなさそうです・・・。
--------------------
sent from WILLCOM 03

福岡県ベンチプレス大会・・・

森部塾長獅子奮迅!-Image993.jpg

GET朝倉店の小野寺店長から嬉しいお知らせが届きました。
「激励のメールありがとうございました。昨日、社長にマッサージして頂いたおかげで、肩甲骨の寄せが完璧に出来ました。結果、66㌔級で122.5㌔を挙げ、断トツ優勝でした!これからも、トレーナーとして競技者として、レベルアップして頑張ります。ありがとうございました」
凄いなあ。
おめでとう(*^▽^)/ございます。
やっぱり肩甲骨は鍵ですよ♪
NCCAボディメンテナンスADVANCEの手技も早く多くの人々に伝えて行かなくてはなりません。あー日程が・・・

体力の衰えは・・・

脚力の衰えとみて良いでしょう。ほぼ=(イコール)に考えても良いと思います。この事は殊更に重要で、アスリートであれば競技成績に直結しますし、一般人であれば健康生活の確保に影響してきます。
そしてこの「健康生活」というものを甘く見すぎているのが現代人の悪いとこだと思うのです。
・椅子の立ちしゃがみで「ドッコイショ」
・駅の階段は使わずに我先にエレベーターやエスカレーターへ並び
・階段を使えば上り切ったら「ハーハー」「ゼーゼー」
・ちょっと力を使うと「アイタタタ」
では、病気をしていないからといって「健康である」とは言えない事をWHO(世界保健機構)は宣言しています。
しかし、多くの日本人には真意は伝わっていません。良いんですよ、それでも。その無知を最後まで通すことができれば。人事で済ませることが出来るなら。
でも、出来ない時が来るのです。ツアーに行っても自由行動を楽しめない。出無精になって気持ちも消極的になる。
ハッキリと申し上げて、この段階になると体力は桁外れに低下しており、トレーニングやコンディショニングの理論だけではどうにもならなくなってしまうのです。
転ばぬ先の杖の前に「一歩」を踏み出すことを・・・
その「一歩」を踏み出す前に「スクワット10回」を・・・
その「スクワット10回」の前に・・・
前に?・・・
MSPPをオススメします。
MSPP=MORIBE STYLE POWER POSINGは介護施設でも導入されています。
9月からは病院でも採用される事になっています。全国に展開するのも時間の問題でしょう。だから指導者の養成が今後の課題となりますね♪
--------------------
sent from WILLCOM 03

第1回福岡スポーツビジネスシンポジウム・・・

兼義援金チャリティを昨日何とか終えることができました。
イベントを企画した側の責任者としては全く以て力不足で、至らない点ばかりが目に付き、ご来場いただいたお客様各位には大変失礼しました。ご来席いただいた事に感謝申し上げるとともに、深くお詫び申し上げます。
また、完全ボランティアでご協力くださいました
・スタジオ大石の大石さん
・フリーMC/アナウンサーの高良さん
ボランティアどころか懇親会料までお支払いになられた上でフォローして下さった
・池田企画の小山さん
には本当にお世話になりました。ありがとうございました。
ゲストの皆様にも等身大の生な姿を見せていただき、懇親会でもお客様と交流を持っていただいたことにお礼申し上げます。
・アビスパ福岡 代表取締役社長 大塚唯史様
・カヨ・システム 代表 山本華世様
・アトランタ五輪ビーチバレー日本代表 高尾和行様
・NPO九州プロレス 理事長 筑前りょう太様
・株式会社ラインズマン 代表取締役 森泰人様
ありがとうございました。
そして何より年度末のご多忙の中をお越しいただいたお客様各位に感謝いたします。シンポジウム終了後のアンケートにも沢山のご意見を賜ることができました。このご指導・ご指摘の数々を生かして学生指導に当たらせていただきます。ありがとうございました。
ところで、私個人のあの第1部でのテーマを振り返ると、このアメブロで知り合った皆様に直にお会いできてITの力を実感することが出来ました。今後もブログの記事更新やHPの整備を通じて私なりの工夫でITをスポーツビジネスに活かして行きたいと思います。
--------------------
sent from WILLCOM 03

九州大学体育教員FD研修会にて・・・

久々に心理の橋本先生と話し込んできました。
運動生理学やトレーニング科学を学んだところから現場指導に入って行った人間の一人としては、どうしても「運動の効果」に興味関心が強いのですが、そのことについて橋本先生は・・・
「結局継続できなかったら一緒やもんね。大して効果がなくても継続してれば運動に適応するから効果も出るっちゃんね」
と、ピシャリ。
そりゃそうですね。継続は力なり、です。
私としての悟りは「効果は工夫による」ってことになりますね。最近少しずつですが心理の勉強も始めました。とても面白い分野です。心・技・体の充実なくして試合には勝てないと言いますが、この「心」は他の二つに勝るとも劣らずに奥が深く、幅が広いものです。それだけに単純に括ると危険性が高くなってしまうと思われますが、少しずつでも理解を深めることで全ての問題に有効に働いていくのではないでしょうか。
それにしても、国立大学法人に在籍する大学生の中にも急速に心の問題を抱えて来ている人が増えているようです。教育問題について社会全体で改善に取り組まなければならないと感じます。

第1回NCCA公認体力測定会・・・

本日無事に終了しました。
PTC-ADVANCEとBASICの資格認定を目指す受験者の皆さんにとっては実務能力を試されるテストでもありました。
その後、彼らは場所を移して筆記試験も受けたのですが、その結果はいかに?早速採点した塾長でした。
更に大サービスの私は、ボディメンテナンスADVANCEの手技のうち、頚椎の調整3種、胸椎の調整1種、肩甲骨の調整1種、股関節の調整3種を披露し、解説しました。痛みが軽減するのは手技を受けた本人しか分かりませんが、動作パフォーマンスの改善は第三者が見ても分かり易いので、そこを見せてあげました。ADVANCEに興味を持っていただければ幸いです。
それにしても技術や知識はまだ伝え易いのですが、心や想い、熱意や意思を伝えて感化させるのは難しいですね。まだまだ修業が必要な塾長です。
--------------------
sent from WILLCOM 03