運動生理学も解剖学も・・・

授業をすることで新たな発見があるので面白いです。自分が知っていることを他人に理解してもらうにはどういう表現を使えば良いのか、教科書や参考書に書いていないことを効果的に盛り込むにはどうしたら良いのか等々、考え始めるとキリが無いのですが飽きませんね。面白い。
受講者が教科書を読むだけで全部理解できる人達ばかりなら講座自体も不要な部分は少なくないと思います。でも実際はそうじゃない。限られた時間の中で最大の効果を発揮するのに必要なことは知識を伝えることではなく、その時間を通じて「もっと学びたい!」という意欲と行動力を引き出すことだと思います。私の授業を聴いてそういう気持ちになっていただけているかどうかは定かではありませんが、そうなっていただけるように常に新しい情報を入手するように努めています。
本日の高校剣道部のトレーニング指導でもその気持ちを忘れないように頑張って来ます♪
--------------------
sent from WILLCOM 03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>