『過労性構造体医学』笠原巖著/医道の日本社が・・・

森部塾長獅子奮迅!-110429-212058.jpg

役に立ちました。何せ症例そのまんまのクライアントさんがパーソナルの対象者でしたから。彼女にシンスプリントの典型的な症状を認めました。
・X脚で
・浮指で
・外反拇指で
・扁平足 
といった骨格アライメントの狂いは、脛骨に捻れのストレスを生じさせ、床または地面へ接地する際に生じる衝撃力と相まってシンスプリントを引き起こすのです。
処置に70分を要しましたが、良好な状態でお帰りいただけました。最後の高校総体に向けて頑張っていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>