体調ヤンキー(不良)♪ですが・・・

筋トレは何とか維持している状況です。

休むのは簡単ですが、これから年末にかけてますます忙しくなるダッシュので、時間は取れるうちに取っておかないと・・・

それにしても両肘を痛めてから相当長い。

特にプレス系の種目は肘関節屈曲角度が90度近位!と完全伸展近位オーッ!の二か所でかなり嫌な痛み涙を感じます

首と上腕二頭筋の腱から来ているのは分かっているのですが、

目下のところ自分では打開策が無く、

せめてもの悪あがきが、

痛くない種目を考案する事なのです。

胸のトレーニングもプレス系は

・インクライン

・フラット

・デクライン

・ディップス

全てNGです。

フライ系は何とかなります。

さてどうするかな・・・。

バスの中で・・・

筋トレの話で盛り上がっている若い女性2名に出会いました。
と言ってもあまりに大きな声でしゃべっているから自然と耳に入ってきただけですが。
「沢山マシンが置いてあってね、順番に回数をこなしていくんだけど・・・」
「私腹筋・背筋が苦手なんだ」
「そんなことじゃ駄目よ。今のうちからしっかり鍛えておかなきゃ」
痛いところをつかれた女性は苦笑いです。
でも本当に大事なことなので頑張ってくださいね♪
--------------------
sent from WILLCOM 03

ケアリング『竹の庵』にて・・・

毎月開催している筋トレ講習会の2010年中のプログラムを終了しました。
来月が多忙で日程調整がきかなかったために今日が最後だったのですが、大入り満員で25人程の参加者があったような・・・
上は70代から下は20代前半まで幅のある参加者を集めることができて充実した一年の取り組みとなりました。
帰り際には早速来年のお申し込みをいただいた他、デイサービスの筋トレゾーンを一般解放して欲しいなど、意欲的になられて講師冥利に尽きます。
来年も頑張りますp(^0^)q。
--------------------
sent from WILLCOM 03

ひらめ筋を断裂してしまったYさん・・・

一週間後の診察にて・・・
主治医から・・・
「あんた安静にしとらんめえ?何かやってるやろ?」
(ぎくっ!)
「い、いえっ・・・」
「前よりも悪うなっとるよ。脅しやないけんね。ほんなごと治らなんごとなるばい」
ってことで、以前にも増して注意深い対処をしながら・・・
(その細かなテクニックは彼女のマル秘テクニックなのでここでは割愛させていただきます)
加えてMAX CHARGEを飲むことに。
すると・・・
更に2週間後の検診にて、
「なんばしたと?治っとるよ。断裂跡も繋がっとう・・・」
(やった(^o^)v)とYさん。
結局、完全安静で1ヶ月と診断されていたのが、
ひらめ筋を稼動させないように注意して動きながら
+MAX CHARGEを飲むことによって2週間で回復とのことです。
めでたく来週からリハビリ開始だそう。
トレーニングはもちろん・・・
リアクションレジスタンス+MSPPにて。
頑張れd(@^∇゜)/ファイトッ♪。
--------------------
sent from WILLCOM 03

ひらめ筋を・・・

断裂してしまったYさんに久々にお会いしました。
YさんはYOGA、PILATIS、AEROBICS、AQUABICSなどのレッスンを週に何十本もこなす超売れっ子インストラクターです。
それなのに1ヶ月前にひらめ筋を断裂してしまいインストラクター生命の危機に陥りました。ひらめ筋が立位姿勢の保持にどれほど重要かは、業界の人間であれば皆さんご存知のこと。
彼女の主治医いわく・・・
手術を奨めるよ。
最大譲歩でも2週間は完全安静。
不承不承ながら事態の深刻さを一旦はYさんも受け入れたものの・・・
レッスン0では生活に困るので、
その内容を大幅にアレンジしてひらめ筋を関与させない動きを心掛けて構成したそうです。
しかーし、そんなことは机上の空論に過ぎず・・・
一週間後の診察にて・・・
(つづく)
--------------------
sent from WILLCOM 03

寒くなってきたからこそ・・・

筋トレでしょう(^0^)/。
本当は今日原稿添削の仕上げをするつもりだったのですが・・・
肝心のそれを忘れて来てしまったので(汗)、
迷わず筋トレすることにしますf(^_^;)。。。
今日は脚と背中を攻めてみます(*゜ー゜)v。
どちらも大筋群なので、
すぐに暖まるでしょう♪
大事な事は、
暑くなって汗をかき過ぎた際にうっかりして身体を冷やさないことです。
風邪は万病の元ですからね。
来週にはこんな私でもインフルエンザの予防接種に行くんですよ。
病気の治療ではなく、未病段階での予防を心掛けています。
--------------------
sent from WILLCOM 03

こんなご質問をいただきました・・・

森部様
※※です。少年野球5年生の指導をしております。
質問をさせていただきたいのですが、成長期に背筋や腹筋など鍛えると背が伸びない、とよく言われております。今回のプログラムに於ける種目は大丈夫ですか?
また、各項目を全て行うことは無理があり、床下(鉄棒や椅子などは不可)で行うものをやろうかと思います。最低欠かせないプログラム又何回くらいが妥当か?又、トレーニングはキャッチボール前か後か教えてください。宜しくお願いします。
**********************
この質問にある発育早期の筋力トレーニングに関する誤解や不安は、
「Jr.スポーツのトレーニングとコンディショニング」に関する講習会では最もポピュラーな質問の一つになっています。
・成長期に筋肉を付け過ぎると身長の伸びを抑制する?
そんなことはあり得ません!
何故なら、小学生から中学生前期は、筋力トレーニングの効果が出にくい段階にあることをスキャモンの発育曲線が示しています。
稀に早熟の子が筋肉質になったりするケースがありますが、これはトレーニング効果というよりは先天的(遺伝的)な理由によるものだと思われます。
無駄な心配をしてトレーニングの実施を躊躇うよりは、
「ケガをしない」範囲で積極的にトレーニングする方が良いでしょう。
そして当たり前のことですが、
・適切な栄養摂取
・十分な休養
をとることです。
このコンディショニングの3要素のバランスを欠いてはなりません。
更に・・・
PSPはこうした点を網羅したプログラムなので、どなたでも安心して実践していただけるものであることを付記しておきたいと思います。
--------------------
sent from WILLCOM 03

今日はGET朝倉本店にて・・・

19時半からパーソナルの予約が一件。
プロゴルファー志望の女の子です。
宿題ちゃんとやってきたかな?
Jr.のパーソナルでは毎回宿題を出すようにしています。
結局は毎日の積み重ねが大事だ!と言うのは勉強もスポーツも同じなんです。
でも、何をどのように「積み重ねる」のかで効率や結果は全然違います。
そこで私の仕事の一つは「実力」を「効率良く」伸ばす宿題を考えることなんです。熱心なご家庭だとお母様やお父様からの質問もピンポイントで具体的なんですよ。
とてもやり甲斐を感じる仕事です♪
--------------------
sent from WILLCOM 03