マッスルスタッフを使うと・・・

アームカールもできちゃいます。

これがまた緊張を逃がさずにバイセップス(上腕二頭筋)を追い込んでくれるんです。

ちょっとフリーウエイトじゃ無理ですね。

次元の違う筋破壊を求めるあなたには最適です。

1)準備姿勢です。ここからチーティングを使ってトップポジションへ。
森部塾長の気ままブログ

2)これがスタート姿勢。バイセップスは究極の盛り上がりを見せてきます。

森部塾長の気ままブログ

3)ウエイトをしっかり受け止められる最大可動域の下限がここ。

バイセップスは屈筋なので肘関節角度は90度以内となります。

森部塾長の気ままブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>