2009年度の最後のトレーニング指導は・・・

昨日29日、9:00amより某高校バスケット部にて行ってきました。

弊社(株式会社オール)の会計年度は1月1日~12月31日までなので、年度内最後が昨日だったというわけです。

実はこのチームを直接指導するのは1カ月以上ぶりでした。

・インフルエンザマスクマン。

・期末考査テスト汗

の影響でしばらくトレーニング指導が中断されていたのと、スタッフに仕事を振っていたのもあって間が空いてしまったのです。

そーいうことで新鮮さを感じながらの指導をやってきました笑

指導種目自体は

・ピッチングスピードアッププログラム(ウイニングエッジ社よりリリース)

・確実に強くなるための筋力トレーニングBASIC理論(アドバンスカンパニー社よりリリース)

に詳述していますが、

ポイントは種目をどう組み合わせていくかというプログラミングにあるわけで、そこは教材化し難いところなのです。

決して出し惜しみとかいうのではなく、

1)対象者の「その時点」での体力レベル

2)対象者の「その時点」でのトレーニング目的

3)対象者の「その時点」でのコンディション

4)対象者の「その時点」でのモチベーション

等々の影響を受け“臨機応変さ”を要求されることが少なくないので、そこのところの表現が非常に難しいのです。

たまたま昨日はどこかの中学校バレー部が出稽古に来ていて隣のコートで高校の先生から指導を受けていましたが、その先生から体育館教員控室で質問質問!を受けました。

「どういうトレーニングをさせたら一番良いのでしょうか?」

最低これだけはやっておいた方が良いストレッチはどういうのがありますか?」

「意識が低くて練習中に声も出さないんですけど、どうしたら変わりますか?」

指導者も真剣なので、休日にわざわざ高校まで出向いたり、見知らぬ私にまで質問をなさっているのですが、当然安易に答える訳にはいきません。

だって私は

1)彼女たちの「その時点」での体力レベル

2)彼女たちの「その時点」でのトレーニング目的

3)彼女たちの「その時点」でのコンディション

4)彼女たちの「その時点」でのモチベーション

について何一つ「正確に」把握していないからです。

まして、質問をなさった指導者の質問レベルからして全く“トレーニングとコンディショニング”を理解していらっしゃらない訳ですから、中途半端にレクチャーするのは却って危険です。まずは正式にレクチャーを受けていただくしかありません。

そこでスペシャル企画のお知らせです。

下記の条件を満たしてくださるチームには新春の2・3月に限り無料で講習会を実施させていただきます。

・保護者会招集

・視聴覚教室or会議室準備

・当日の部活動休止

※すいませんが、県外の場合は交通費のみご負担くださいぺこり

「2009年度の最後のトレーニング指導は・・・」への1件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは(^-^)vいつもお世話になります。興味津々です。頑張って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>