確実に強くなるために(2)

久々にこのテーマでの投稿です。
「ケガをしたら大いなるマイナスである」

当たり前すぎるほど当たり前のことです。
プロ野球やサッカーでも本調子でない選手は戦力外のジャッジを下され、試合に出ることすらままなりません。
で、あるならば常日頃からケガをしないような、させないような練習計画や指導方法を徹底すべきです。しかしながら具体的な対策はほとんどなされていないという現状に驚きを感じ得ません。
それは何故か?・・・
私は「正確な情報の欠如」+「その情報の理解力」に問題があると見ています。指導者にも選手にも明らかに欠けているものは、実は技術や体力ではなく「正確な情報やそれらの理解力」だということです。
ケガをする原因のうち、種目特性上の危険性がもたらす事故や不可抗力的な突発性の事故を除くと、大半は疲労蓄積型の慢性障害となっています。
それを回避するためには
・正しい運動方法
・適切な栄養摂取
・日常的なボディメンテナンス
を抜きには語れません。
なので、私の講演会や講習会のテーマはその中のどれか、もしくは全体となっているわけです。
しなくて良いケガを防ぐ具体的な努力をしない人は選手として大成することはほとんどないでしょう。

させなくて良いケガをさせてしまう指導者はその時点で指導者として失格していると思います。

耳が痛い話かも知れませんが、耳が痛いうちに対処しておけば少なくとも聞こえなくなることはないですよ。

その真意を理解してもらえれば幸いです。

福岡空港にて・・・

森部塾長の気ままブログ-091125-132356.jpg

搭乗ゲートに向かう途中に見つけた広告です。
福岡がいかにスポーツを応援しているか分かるというものです。
ここに来年度からJ2入りを決めたニューウエーブ北九州改めギラヴァンツサッカー 天皇杯が加わります。
かと言って経営的にはどこも厳しいようです。
後発のライジング福岡やギラヴァンツ北九州の方が厳しい中でもむしろ健全化に近づいているような気もします。
儲かるまでには長い道のりとなるでしょうが挫けずに頑張って欲しいものです。応援する側も気合いが入りますしね。マイナーからメジャーへパー。その実現へ向けたたゆまぬ努力が勇気を与えてくれるものだと期待しています(^^)/~~~。

前回アップした分についてのコメント・・・

質問メールへの回答はポイントを押さえてお返事させていただいていますパー。例えば・・・
++++++++++++++++++++++++++++
1)身長185cm、体重85kg 左投げ左打ち、高校に入ってから4cm背が伸びました。まだ少し伸びそうです。
→体格的には非常に恵まれていて申し分ありません。問題はその恵まれた体が持っている潜在能力をいかに効率よく引き出すかということです。
2)体を大きくしろと言うチームの栄養指導を受けて、無理にたくさん食べて3ヶ月で10キロも体重を増やしたところ、骨が体重を支えきれなくて去年の秋に左足の甲を疲労骨折してしまいました。
実験室で人工的に成長促進を施されたため運動能力や機能が追いついていかないマウスと同じですね。完全なる被害者だと思います。
3)軟式ボールから硬式に変わったせいか?野球肘にもなってしまいました。
→当然あり得ることです。今までより重いボールを使っているのに、筋力を高める手立てを取らずにこれまでと同等以上の練習を繰り返すわけですから負担がかからないはずはありません。
4)それでも息子は諦めず、自主トレーニングで球速を上げて再びマウンドに上がるチャンスを得たいと、自分で森部先生のプログラムを探して来ました。今年4月ころから、帰宅後自主練習でPSPを始めました。最近少し球速が伸びたとアピールしBチーム(二軍)で投げさせてもらいたいと訴えました。結果、今はライト件ピッチャーと言う微妙な立場におります。おかげさまで、PSPを始めて三ヶ月を過ぎたころから球速が5km程伸びて135km~になったようです。そして何より体が頑強になり怪我も癒えて100球以上投げこんでも肘も肩も痛まないそうです。
→弱点が強化されて良い方向へ進んでいるものと思われます。球速もこれから必ず延びていきますが、投げ込みでそれを達成しようとして毎日頑張ることで疲労も蓄積されていきます。それが慢性的なスポーツ障害の原因となりますので、練習量の調整と身体各部位の補強が必須となります。
5)そこで、このセミナーの内容に心惹かれて私が参加させて頂きました。早速、次の日の朝食からセミナーを参考に食事の内容を変更してみました。すると、体の切れが良くなり一日練習もバテることなくこなせるようになったそうです。 それまでは体力をつけさせようと朝から肉を食べさせていました。食事の仕方でこんなにパフォーマンスが変わるなんて本当に驚きです。ありがとうございました。
肉を食べたらスタミナが付くなどというのは完全なる間違いです。日本のスポーツ界の現場のレベルの低さがよく分かります。セミナーで話した内容を参考にされて、これからも正しい食事法方の実践を心がけてください。
6)息子のようにピッチャーとしての練習がままならない中、自主練習する場合、思うように投げ込み練習が出来ない代わりとして、どんなトレーニングをしたら良いでしょうか?PSPで腕の稼動域が広がり筋力はつきますが、制球力を身につけるためにはやはり投げ込みが必要だと思うのですが、こんな事情で部活動では余りブルペン練習に入らせてもらえなくて心配なのです。息子は高校で本格的な投手になれなくても大学でこそ夢を実現させたいと思っている様子です。
→制球力を投げ込みで作る方法は効率が悪く、障害の原因にもなりますし、安定感に不安も残ります。投げ込む前に制球力を確認する方法はいくらでもあります。キャッチボールや遠投で、相手が全くグローブを動かさずにキャッチできれば制球力の基礎はできていることになります。ここがうまくできないのにブルペン練習の時だけコントロールが良くなることを期待するのは根本的に間違っています。ブルペンの高さは元々ストライクを投げるために作られたものなのです。つまりキャッチボールが完璧であれば、マウンドに立つことで自動的にストライクが入るようになっているのです。
++++++++++++++++++++++++++++
ざっとこんな感じです。これで要領を得ない場合や、もっと貪欲な方に対しては合宿のご案内をさせていただいています。

※☆●■◎セミナーではありがとうございました・・・

こんなメールメールが届きました。
↓↓↓↓↓
++++++++++++++++++++++++++++
森部さま
お世話になっています。
●月▲日に某所にて開催されたセミナーに参加させて頂いたAと申します。大変内容の濃いお話を分かりやすく丁寧にお話いただきありがとうございました。さて、お忙しい中大変恐縮ですが、ぜひともアドバイスを頂きたくてメールをしたためました。宜しくお願いします。
息子は某大学付属某高校の野球部二年生です。身長185cm、体重85kg 左投げ左打ち、高校に入ってから4cm背が伸びました。まだ少し伸びそうです。小学2年生からリトルに入り守備はファーストでした。中学になりシニアでピッチャーを目指しましたが、入部してすぐ階段から落ちて膝に全治二ヶ月の大怪我をしてしまい断念。シニアを退部し中学の軟式野球部で野球を続けましたが、膝の状態が思わしくないため、ピッチャーではなくファーストに戻りました。
しかし、ピッチャーになりたいと言う夢が捨てきれず高校から再び目指そうと決意し、ピッチャーとして育ててくれる高校を選びました。ところが体を大きくしろと言うチームの栄養指導を受けて、無理にたくさん食べて3ヶ月で10キロも体重を増やしたところ、骨が体重を支えきれなくて去年の秋に左足の甲を疲労骨折してしまいました。また、軟式ボールから硬式に変わったせいか?野球肘にもなってしまいました
そんな事情で練習試合でも登板させてもらえなくなり、いつのまにかピッチャーとしてのトレーニングさえ余りさせてもらえない状態となってしまいました。それでも息子は諦めず、自主トレーニングで球速を上げて再びマウンドに上がるチャンスを得たいと、自分で森部先生のプログラムを探して来ました。今年4月ころから、帰宅後自主練習でPSPを始めました
今年7月下旬、三年生が引退し新チームとなった折、コーチ陣から打者に転向しライトの守備に就くよう打診されました。息子はリトル時代からスイングスピードが速く、三振も少なくていつもクリーンナップでしたので、コーチ陣としてはピッチャーで駄目でも打者なら来年の夏に使えるかもしれないと考えたようです。
息子は、最近少し球速が伸びたとアピールしBチーム(二軍)で投げさせてもらいたいと訴えました。結果、今はライト件ピッチャーと言う微妙な立場におります。
おかげさまで、PSPを始めて三ヶ月を過ぎたころから球速が5km程伸びて135km~になったようです。そして何より体が頑強になり怪我も癒えて100球以上投げこんでも肘も肩も痛まないそうです
しかし、相変わらずの筋力不足、体力不足に悩んでおりました。そこで、このセミナーの内容に心惹かれて私が参加させて頂きました。早速、次の日の朝食からセミナーを参考に食事の内容を変更してみました。すると、体の切れが良くなり一日練習もバテることなくこなせるようになったそうです。
それまでは体力をつけさせようと朝から肉を食べさせていました。食事の仕方でこんなにパフォーマンスが変わるなんて本当に驚きです。ありがとうございました。
さて、アドバイスをお願いします。息子のようにピッチャーとしての練習がままならない中、自主練習する場合、思うように投げ込み練習が出来ない代わりとして、どんなトレーニングをしたら良いでしょうか?PSPで腕の稼動域が広がり筋力はつきますが、制球力を身につけるためにはやはり投げ込みが必要だと思うのですが、こんな事情で部活動では余りブルペン練習に入らせてもらえなくて心配なのです。息子は高校で本格的な投手になれなくても大学でこそ夢を実現させたいと思っている様子です。
拙い文章のうえ長文となり大変恐縮です。
どうぞ宜しくお願いします。
#$&*
++++++++++++++++++++++++++++
こういう質問は後を絶ちません(>_<)。
部活動、というよりも日本スポーツ界の前線で普通に見受けられる大いなる問題点です。
全く聞いて呆れる馬鹿げた話ですが、被害者となっている生徒や保護者にとっては深刻な問題ですよね。
私なりの見解を示したいと思います。

『無欠のファイナルダイエット』は・・・

大きな失敗をやらかしてしまいました。

「内容」ではなく「時間」・・・。

10時半から12時半までの2時間枠時計だったのですが、

何と時計を見間違えて、13時半までやっていたことにお開き以後気付かされました・・・

しかも、馴染のIAさんの耳打ちによって・・・。

それまで全く気付いていなかったのです。

3時間やっちゃいましたぶ~『茶糸バージョン』

『沈まぬ太陽』ならぬ『終わらぬセミナー』ってことに・・・

あらぁ~。

参加者の皆さんが余りに真剣に聞いてくださるものですから、

つい・・・汗

それにしてもベテランらしからぬ失敗でした。

参加者の皆様申し訳ありませんでした。

この場を借りて深くお詫び申し上げますすみません

内容についてはFYさんから写真データカメラをいただける予定ですので、

後日解説させていただくことにします。

本日・・・

“無欠のファイナルダイエット”セミナーを開催します。
ただいま移動中(^^)/。
少し早めに近くまで行って、
モーニングをいただきながらイメトレします。
本番は天神イムズ10FセミナールームAにて10時半~12時半までのたっぷり2時間コース。
楽しみです(^^)/~~~。

浄活水器の色々・・・

水は毎日飲むものですから、
・安全で
・おいしい
ものを飲みたいですし、経済的に許されるなら料理クッキングやお風呂お風呂*にも使いたいものです。
そこで、あれこれ試してみることにしたのですが、それぞれに一長一短があります。
例えば・・・
・元付けタイプでは:初期投資が大きいのと効果が分かり難いことがあります。磁石を利用したタイプだと、付けた当初は水が軟らかくなったようにも感じますが、そのうち慣れてしまうとそれさえ分からなくなります。実は磁石の配置や磁力の強さと水圧・水流速度の関係で性能が異なるようです。フィルタータイプの場合、フィルター交換を忘れやすいのと、タイミングを間違えると逆に水がまずくなって困ります
・カウンター上orシンク下設置タイプでは:コンパクトサイズであったとしてもやはり場所をとりますし、それ自体汚れていくので掃除など面倒です。フィルター交換も必要ですし、定期的にメンテナンスも必要で、自分でボタン一つで出来るのですが、それも忘れてしまうことも度々あります。少なくともメーカーが言うほど使用感が良いとは思えません
・蛇口取り付け簡易タイプ浄水器では:一番汎用性が高く使い勝手も良いです。が、蛇口のタイプによっては取り付けられないこともあるので注意が必要です。私の場合は今はこのタイプを利用しているのですが、フィルター交換後すぐから次の交換時までの間に水の美味しさが変化していくのである程度頻繁に交換する必要性を感じます。それと、浄水に切り替えるレバーがあるのですが、浄水モードでは温水が使えないという弱点もあります。つまり、お湯は結局別途沸かさなければなりません。
・サーバータイプ:これが一番確実で簡便ですね。しかも、いつでも冷水と温水が使えます。ただし、10~12リットル入りのタンクをサーバーに設置するのが女性女性や高齢者おばあさんにはきついかも知れません。また、サーバーのレンタル料が毎月掛かること、タンクの注文は通常2本からで配達されたものを移動させるのに結構力が必要です。
・卓上タイプ:これも簡便で使用勝手は良いのですが、1回で作れる水の量とカートリッジの水処理能力が思いの外小さいという欠点があります。それに水にしか対応できません。
こうした点を踏まえて、現在は蛇口取り付けタイプ+サーバータイプ+卓上タイプの組み合わせで生活しています。
(※それでもペットボトル入りの水やお茶は結構買うものですね(>_<)。いかに人間が水を欲し、簡便性を求めているか実感しています。)
ちなみに、我が家ではシャワーも脱塩素タイプを利用しています。
ところが、つい最近我が家のお水の供給源を変える画期的な商品と出会った驚き顔のです。
つづく・・・

この水は・・・

森部塾長の気ままブログ-091110-133445.jpg

GET那珂川店の水道水をコップに汲んで、
残留塩素を検査する試薬を入れてかき混ぜたものです。
しっかり、塩素が“残留”していることが分かりますね。
ではこの水は安全なのか?
“塩素”は“殺菌”を目的として混入されている訳ですが、“殺菌”ですよ。ちょっとそれで“安全”と断言できるのかなあ?・・・。
例えば、
・金魚金魚水道水に入れると死にます
・塩素は水中の有機物と化合して発ガン物質となります。
・加熱して沸かすとトリハロメタンが急増します。
ということは菌を殺す薬の役目を持っているものの、
新薬同様に副作用があるってことになりませんかね?
それが匂いや味に出てきているのではないでしょうか?
そこで、浄活水器浄水器の出番になります。
蛇口まで届いている塩素を抜くために有効なツールです。
種類はごまんとあります。
メーカーも競合が多く、どこの製品にもセールスポイントがありまして・・・
・性能(除去物質,処理能力)
・価格
・ランニングコスト(メンテナンス,フィルターorカートリッジ交換)
・サイズ
・デザイン
・カラー
等々、尺度も多くてよく分からなくなってしまいます。
そこで私は
・元付けタイプ
・カウンター上orシンク下設置タイプ
・蛇口取り付け簡易タイプ
・サーバータイプ
・卓上タイプ
を一通り購入してこの14年間研究して参りました。
それを本blog上で少しずつお伝えしたいと思います。