肝心のリアクションレジスタンスマシン・・・

森部塾長の気ままブログ-091129-160035.jpg

弊社ブースでは、こんな感じで4機種のリアクションレジスタンスマシンを展示しました。
いわゆる“介護予防元気倶楽部”セットです。
手前が
・「腿上げ訓」(ニーアップマシン)、
奥が左から順に
・「押し引き訓」(プッシュ&ローイングマシン)
・「立ち上がり訓」(スクワットマシン)
・「開け閉め訓」(ヒップアダクション&アブダクションマシン)
です。
多くの方に体験していただいたのですが、
肩こり→即改善・痛み軽減・腕の上がりスムーズに
腰痛→即改善・前屈による可動域改善
歩行姿勢→即改善
しましたp(^^)q。
特に驚いたのは、1つ前の記事で紹介した足裏測定器でbefore & afterを測定したところ、
足の指が着いていなかったかかと重心の人が、腿上げ訓と押し引き訓を1セットずつ行っただけで指が映るようになり、重心バランスに改善が見られたことです。
改めて、リアクションレジスタンスは凄いと思いました(^^)/。

西日本国際福祉機器展では・・・

森部塾長の気ままブログ-091129-143029.jpg

こんなものも展示してありました。足裏の接地状態と重心位置の静止画像に加えて、重心動揺や歩行時の接地動態、床反力の変化など動きもモニタリングできる優れものでした。
率直に「欲しいなぁ」と思いましたがお値段もなかなかのものでして、
何と“150万円”とのこと。さらに連続歩行状態まで観察できる上位機種については“300万円”以上するらしいです(>_<)。買えんなあ・・・。
とは言え、研究者としては非常に興味をソソられるアイテムでしたね。科学技術研究・育成に関する補助金を減らす現政権には困りものです。

正式な商品名は・・・

森部塾長の気ままブログ-091129-113750.jpg

【玄米シェフ】と言いまして、これで精米された三分搗き米は、水に浸けて30分後には発芽を始め、ギャバ(γ���アミノ酪酸)が生じて発芽玄米になるんですよ。
ビタミンB1もマグネシウムも食物繊維も豊富に残留させ、様々な医療効果が観察されているほど。
例えば、
・排便改善
・メタボ改善
・高血圧改善
・高血糖改善
・アルツハイマー予防
・・・etc.と凄くないですか?
特許出願中とのことですが、これでお値段は50,400円。
正直自分が「欲しい」と思いました。
更に、あまりすすぎをしなくて良いという嬉しいおまけも付いています。