あるプロジェクトが進行中です('-^*)/

色々な団体や組織、例えば学校、企業、自治体などから講演の依頼を受けることが多いのですが、

そのほとんどは

1)競技力向上

2)障害予防

に関することに大別されます。

8月だけでも既に5件こなしていますし、

月末までにあと4件残っています。

話す側としては結局1)2)のどちらともに触れることになるのですが、

最近は特に「理論的なことばかりではなく、実技も教えてください!」というリクエストが増えてきました。

会場では皆さんとても一生懸命に取り組まれて汗を流していらっしゃいますが、

現場に持ち帰ってどのくらい実践なさっているかは甚だ疑問です。

・トレーニングなんて正しくやらなければ意味が無いし、

・馴れてきたら強度を上げていかなければいけないし、

・効果が停滞してきたら変化を付けなければいけないし、

・競技特性を考慮して応用させる必要もあります。

とても・・・

1-2回講習会に参加したからといって覚えられる様な代物ではありません。

ですから私としてはGYM(GETが一番のぞましいのですが(* ̄Oノ ̄*))に通っていただくか、弊社と契約して定期指導を受けていただくのが一番お奨めなんですが、

・経済的

・地理的

・心理的

理由によってなかなかそこまでは行かないようです。

(尤も講演会や講習会の現場では営業するわけにも行きませんので具体的なアプローチはしていませんけどね・・・)

そこで、現在ある共通の目標を持って10名程度のボランティアの方々に協力していただいて、モバイルを利用した通信コンディショニングシステムのトライアルテストを実施しています。

上手く行けば(ちゃんと成果が上がればということなんですが)全国どこでも私の指導を格安で受けていただけます(^O^)/。月末にはある程度の結果が分かると思うんですがね。楽しみでもあり、不安でもあるのです(^_^;)。

と申しますのもトレーニングって実施しないことにはどんなに優れたものでも全く効果が出ないから。果たしてモバイルで指示するだけでどこまで皆さんが実施してくれるかということがね、心配なんです。もちろんこの問題を解決するためにあれこれ策を練ってはいますが、現実がどうなるかについては結果を見るまでは何とも言えません(・_・ 三・_・)。

まあ、「失敗は成功の母」と言いますからうまくいかなくても挫けない覚悟は出来ていますけど(‘-^*)/。
森部塾長の気ままブログ
写真は作成中の教材で使用予定のトレーニング方法を実演している私ですγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>